折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 06日

反原発運動

毎日、福島第一原発のこと、それから発した原発問題、放射能問題などを読んだり聞いたり見たりしていると、ただでさえ足りない時間があっという間に過ぎていく。
何人かの東京の友達が反原発のデモに行ったときのことをメールで書いてくれて、胸がちょっと熱くなった。
ある友達はアメリカにも反原発運動はあるの? と聞いた。
すぐに思い出したのが1979年の夏、バッテリーパーク(ニューヨークのワールドトレイドセンターとハドソン川の間にあった広大な砂地)で開かれたAnti-Nuclear Rally(反核集会)だ。
その年4月に、スリーマイル島の原発事故がおきていた。

とにかくとにかく、もの凄い人の数。自分のいる場所からステージの人は豆粒くらいにしか見えないし、後ろはどこで終わっているのか端が見えないくらい。記録によると参加者20万人。
砂地は腰を下ろすのに気持ちがいいし、並んで寝そべっているカップルもいた。。
マイクを握った人の口調は、まさしく活動家のものだ。ベトナム反戦、ドラッグカルチュア、ロックミュージック、ヒッピー、そんな時代を彷彿とさせる人びとの光景。
当時連載していた雑誌「宝島」に写真と文章を載せたので憶えているのだが、トム•ヘイドン、ジェッシー•ジャクソン などたくさんの活動家や著名人のスピーチがあり、グラハム•ナッシュ、ジャクソン•ブラウンなどのミュージシャンが演奏し、来るはずのジェーンフォンダは、いま自宅に軟禁状態(意味不明だったが)だと、緊張感のある声でアナウンスがあった。
ウッドストックからちょうど10年、アメリカの反体制はまだまだ健在、というより、もっと確固とした方向性をもって動いていくのだなと感じたものだ。アメリカには反=核兵器、反=核実験がそれに加わるから、もっと複雑でシリアスな問題と思われた。

ちょっとそのころの反核運動のことを調べてみた。大きなものだけを取り上げると、
1977年、スペインのビルバオで反原発集会に20万人。
1979年、上記のニューヨーク反核集会。西ドイツ、ボンで12万人反原発集会。
1981年、ドイツ、ハンブルグで原発建設反対の10万人のデモが1万人の警察と対峙した。
1982年、ニューヨーク、セントラルパークでこんどは核兵器廃絶で、百万人がデモンストレーション。アメリカ史上最大のデモ。
1983年、西ベルリンで60万人。

ドイツでは、1971年の原発建設反対運動からずっと、反原発運動は警察力による多くのケガ人を出す激しいものとしてつづき、フランス、スペインでは、1973年のバスクでの反核運動からはじまり、70年代80年代をとおして反=核実験を含む大きな集会がコンスタントに行われた。

そして1986年にチェルノブイリ原発事故。その後ドイツ各地、ローマで反原発集会に15〜20万人。
アメリカでは数百人の抗議者がL.A. からワシントンD.C.まで6000キロを9ヶ月かけて歩き通し核廃絶を訴えた。寄付を集めキャンプをしながら一日平均24キロ歩いた核撤廃平和大行進。
イギリスでは1983年、バークシャーの三つの核兵器センター(工場?)を、7万人が手をつなぎ取り囲んで抗議をした。

チェルノブイリのあと、多くの国が原子力発電所建設停止の方向に向かったので、反原発運動は勝利のうちに収束したかたちとなった。
しかし2000年以降は、地球温暖化論がエネルギー問題の中心になって、CO2は悪玉、原子力はクリーンエネルギーと言われるようになった。
つまり、地球温暖化論によって、原子力発電は正当な位置を勝ち取ってしまったように見える。
オバマ大統領は、スリーマイル事故以降ストップしていた原子力発電所建設を再開すると宣言し、クリーンエネルギーで温暖化をくいとめよう、と高らかにうたっていた。
ジョージア州に建設予定の発電所はみな、日本の会社のものだ。(多分中止になるだろうけど)

2000年以降も、日本、アジア、ヨーロッバ、アメリカ、各地で原発反対、あるいは建設阻止運動は、大なり小なり活発に続いていた。
それを覆いかぶせようとしたのが温暖化論だ。敵は巧妙な手口で人びとを丸め込む。
しかし、こんどのFukushima, Daiichi は、その覆いをひっぺがすような大惨事となった。
原発撤廃の運動はこれからが勝負なのだろう。

a0215638_61364.jpg

Long Island City


a0215638_557118.jpg

L.I.C.
[PR]

by keiorihara | 2011-08-06 06:25 | USA | Comments(2)
Commented by おおむれ at 2011-08-07 19:23 x
こんにちは!東京はまた蒸し暑さがもどってきました。
折原さんのNYの写真楽しいです。昔旅したことのあるどこかの街みたい、誰でもそこにいていいんだよ、といわれてるみたいでほっとします。これからも楽しみにしてますね。
Commented by keiorihara at 2011-08-08 01:11 x
おおむれさん、コメントありがとう。
まだブログの進み方がわからなくて、写真も文もガタつきますが、まあそんなものだと思ってつきあってください。


<< Sunnyside      Sunnyside >>