2012年 02月 29日

クイーンズのチャイナタウン Flushing,China Town in Queens

ガード下のビデオ屋。


地下鉄7番線の終点駅、フラッシング/メインストリート。
フラッシングの駅前周辺は、マンハッタンのチャイナタウンと並ぶ巨大な中華人街だが、マンハッタンが外部からの客が多いのに比べ、フラッシングの人口の44%がアジア人というくらいで、ここは圧倒的に住民のための店が並ぶ生活感あふれたチャイナタウンだ。
そして70年代から急速に成長した新しいチャイナタウンでもある。最初は台湾人が多かったそうだが、今は香港人、上海人をはじめ、メインランドの中国人がへだてなく混じり合っている。そして、この街には韓国人街もある。
ちなみに2010年で、中国人の人口はニューヨーク市58万人。サンフランシスコ17万人、カリフォルニア州全体で125万人。合衆国全体では335万人、なんと1、1%が中国系なのである。


メインストリート

奥の深い、懐かしいたたずまいの市場。

昔の映画に、こんなふうにコートの袖を通さないでカッコつけてる俳優がいたような。。。


ちょっとおやつに北京ダック。

映画は圧倒的に庶民の娯楽なのですね、今も。

人参をはじめ、漢方薬を売るお店の多いこと。


蒸しマンジュウのような笑顔。

新年はとうに過ぎていても、こういう飾りは一年中売れるようです。


ウェディング用のネックレスだそうで。


チラシ配りに高齢者が頑張ります。

なぜか英語がない。クイーンズメイン図書館の前。

人口密度が高くても歩き良いのはなぜ?









■  [PR]

by keiorihara | 2012-02-29 16:07 | Queens | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keiorihara.exblog.jp/tb/14761537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< クイーンズボロプラザ駅 Que...      ロングアイランドシティ  Lo... >>