2012年 04月 12日

人種主義反対集会 Trayvon Martin & Against Racism

a0215638_2114366.jpg


2月の末に起きた、17歳の黒人少年トレイヴォン•マーティンの事件は日本でもニュースになっただろうか。
フロリダの父の家を弟といっしょに尋ねて、夕方、家でNBAバスケットボールの試合を見る前にと、コンビニエンスストアにキャンディなどを買いに行った帰り、住宅地の中で、突然、胸を撃たれて殺された。
そこはロックゲート付きの住宅地であり、その中をただ普通に歩いていた少年。
殺したのは、住宅地の見張りを買って出ている白人の男。自分で付け回したあげく、正当防衛で撃った、と証言し、警察は調べもなしに犯人を帰した。
3月半ばには両親や弁護士たちの働きで少しずつ真実が明るみに出され、この国のひどいテレビ番組でさえ、人種問題として大騒ぎしていたにもかかわらず、依然として、犯人に逮捕状が出ていない。
(11日、逮捕状が出て、逮捕され、二級殺人罪で公訴されることになった。)

ここユニオンスクエアでは、この事件に関する集会、デモが 先月から”ウォール街占拠” 運動に混じったりして行われていたが、この日10日には、“トレイヴォン•マーティンは自分の息子だ”  ”兄弟だ” と、この国の横暴、白人至上主義などに怒りの声を上げる人種主義反対デモがあった。

黒人たちは、スピーチをすると非常にうまい。リズムがいい。声に切実感がある。
デモは1000人くらい。いつものように、淡々とした、静かな集まりとデモだった。
(オバマ大統領は、こんなことでさえ、今では歯切れが悪い。)

a0215638_212581.jpg

殺された少年と同じ、黒人の若者ファッションであるフード付きのパーカを着ている。
”オキュパイ”もそうだけれど、そばにいる誰でもない人が、次々と演説する。


a0215638_2122471.jpg

いろいろな抗議のスタイルがあります。
[PR]

by keiorihara | 2012-04-12 22:48 | New York | Comments(3)
Commented by aya at 2012-04-13 20:14 x
日本でも、テレビで男の子が「help!help!」って叫んでたニュースやったよ!ひどいよね、まだ子供を撃つなんて。
その後も、ちょこっと新聞でデモのニュースが出たりしてますよ。どうなるのかな、子供相手にと思うと、腹立ちますよ!
Commented by keiorihara at 2012-04-14 01:52
日本のTVニュースって、すごいね。
この子供が白人だったら、絶対に起きなかっただろう事件です。殺したのが黒人だったら、警察が即逮捕の事件ですね。
そして、これがミドルクラスの郊外住宅地でなく、黒人居住区だったら、最後まで無視された事件だったと思う。あ、ブログって、そこまで書いたほうがいいのか。。。
Commented by aya at 2012-04-14 11:01 x
日本のテレビだって、かなり眉唾もんですが、このニュースは子供の悲痛な叫びを繰り返しon airして、ショッキングだったよ。
Keiさんの言ってることは普通だと思うけど、現地の実感もそうなのかーと確認できるところがいい感じ。居住地って感覚は、日本では珍しい、というか人種差別が日本はあまりない国だもの。
そんな日本も、最近は貧富の差がジワジワと出てきたよ・・・。


<< オキュパイ運動の若者たち  T...      春のサニーサイド >>