折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 31日

クイーンズボロプラザ駅周辺  Outside Queensboro Plaza Station

a0215638_8323736.jpg

クイーンズボロプラザ駅のホームは、すでに何度も登場させましたが、夕暮れ、その外側の風景です。

ここを見た瞬間、なんだか日本のどこかの観光地のちょっとした一角を思ったのですが、私だけでしょうか?
こういう風景も日本には、もうなくなっていきますね。


a0215638_833821.jpg
こういう渡り廊下もナツカシイ。こういう窓も。こんなパイプも。


a0215638_8332688.jpg
マンハッタンでは今は、こういうゆったりとした人間の光景を見ることはまれなったように思います。マンハッタンから5分でこの駅に着くのに、もうまったくの郊外、というわけでしょうか。


a0215638_8334154.jpg

地下鉄は、マンハッタンのブロードウェイに短い線を走らせたのが1869年。そう、明治維新の翌年です。
それは成功していたのにも関わらず、政治的経済的理由で、今の25路線のうちの多くを完成させたのは1904年になっていました。ですので、地下鉄は今年で108年の歴史、と一般にいうようです。
クイーンズを走る[7]や[N]などの高架線は、1915年。それにしても古い。
その当時はこういう高架線駅(一番上のホームに電車がいますが、その下には別の路線のホームがあります。その下が改札などがある駅構内)も、とても未来的だったにちがいありません。
その当時の写真を見ると、この先はずっと野っ原に線路だけが敷かれています。計画的でもあります。
未来と過去が同居して、ニューヨークはやはり「ブレードランナー」的と思わせます。

余談ですが、ニューヨークの地下鉄、バス、すべての公共交通機関は、市営でつまり公営です。今回のハリケーンサンディに備えて、市は2日間、地下鉄、バス、それからトンネルなども完全にストップさせました。そういうわけで、ほとんどの学校、会社、商店が休日になりました。どんな「想定外」のことが起こるかわからないと、ニュースでくり返していました。カトリーナや日本のツナミは大いに教訓となったのに違いありません。
東海岸の二つの原子力発電所も、停止したそうです。
[PR]

by keiorihara | 2012-10-31 10:31 | Queens | Comments(3)
Commented by hirano at 2012-11-01 09:53 x
ハリケーンお見舞い申し上げます。無事だったようですね。ご無沙汰しっぱなしなので、この欄をお借りしました。
Commented by MANA at 2012-11-01 22:22 x
ハリケーン,大変でしたね!ニュースでNYやクイーンズの映像が流れ,心配になりました。大丈夫でしたか?まだ地下鉄も動いていないとか・・・。
うちの子も来週の月曜日まで大学が休みになったそうです。早く元の生活に戻れますように・・・。
Commented by keiorihara at 2012-11-02 04:27
hiranoさん、 MANAさん、
ハリケーンお見舞いありがとうございます。サニーサイドは高台にあるので水の心配はありません。窓から通りの並木が風に吹かれるのを見ていましたが、九州育ちで台風慣れしている私の目にはそんなにすごいと感じませんでした。でも、日本の木とちがって折れやすいかもしれない。
しかし、マンハッタンでは電力会社の変電所は爆発するし、停電したら何日も回復しないし、今は木曜日の夕方ですが、日曜の夕方から地下鉄は止まったまま。東京でこんなことしたら人は怒りまくるのでは? 大学は1週間も休み? でも、人が無理して働かせられていないということで、いいことなのかも知れません。


<< ハリケーンサンディのあとに  ...      サニーサイド-駅前から少し歩く... >>