2013年 05月 10日

アストリアの夜 A Night in Astoria, Queens

a0215638_12285878.jpg



a0215638_12283897.jpg



a0215638_1228695.jpg



a0215638_12274216.jpg



a0215638_12262131.jpg

何ともいえないこの多国籍の”濃さ”を、日本にいる人に写真でつたえることができるだろうか。
写真というのは、どの程度、こうした感覚をつたえることができるのだろうか。
これらの写真に写っているどの一つもが、マンハッタンやブルックリンにはない。
”郊外”ではあるけれど、”アメリカの郊外”ではない。
アメリカ人的、知的美的に洗練されたセンスはここにはない。
トレンディが全然なく、あまりにも庶民的で野暮ったい。
ちょっと気取ってみても、どうしてもクイーンズだと感じさせられる。
今では、このどうしようもなくかっこ悪い街が、
私にとって、
シャッターを押したくなるところ。
不思議である。
[PR]

by keiorihara | 2013-05-10 14:55 | Queens | Comments(2)
Commented by さとう at 2013-05-13 00:22 x
不思議だ。写真はなぜ、こんなふうに「何か」を撮ることができるのだろう。これらの写真を見た私を、なぜその場に連れて行くことができるのだろう。とても不思議だ。これらの写真を撮った人は、何を撮ろうとしてシャッターを押したのだろう。この写真家は、生きていた世界を懐かしむように被写体にカメラを向けて、シャッターを押しているように思える。やさいし慈しみの感情が、静かな効果音のように流れている。しかしそれが、死刑囚が最後に目にするこの世の姿のようにも見えるのはなぜか。写真とは、そもそもこのような「不思議」を提示すべきものとして生まれてきたのではなかったのか。わずか数枚のアストリアの夜の画像は、「不思議」の生命力(魔力)をよみがえられさせてくれた。
Commented by kei at 2013-05-20 04:42 x
写真について、素晴らしいコメントを書いてもらったので、こんどは写真について書こうと思ったのですが、外界の世界のほうがわたしの思いを超えていて、写真をセレクトすると、わたしの小さな思惟など吹き飛んでしまうのです。写真のくくり方、表現の仕方を変えないと書けないのかもしれません。写真を撮りながら、まさに写真について、いつもいろんなことを思うのですが、、、さとうさんのコメントは励みになります。ありがとう。


<< ブルックリンのブロードウェイ ...      サニーサイドの桜 Cherry... >>