折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 12日

サニーサイド の夏  Summer in Sunnyside/不自由な日本語1

a0215638_13443748.jpg
ルーマ二ア人とおぼしき老婦人


a0215638_134472.jpg
スペイン語で話したり英語で話したり。コーヒーショップの前のベンチで。


a0215638_13433377.jpg
サニーサイドガーデンの一角


<不自由な日本語 1>

夫の甥の結婚式にワシントン州に行ってきた。 
式場はシアトル沖に点在する島の中のリゾートで、皆のんびりと休暇をとってやって来た。
海を背景にセレモニーを外で無宗教でやるのが流行っているようだ。

本人たちはコロラドに住んでいるので、長野に住んでいる人たちが瀬戸内海の小島の別荘地でウェディングをやるって感じだろうか。友達も含め、ほとんどの人たちが飛行機に乗リフェリーに乗り、やって来るわけだ。そのせいか、行事は2日にわたっていて、前日は家族が泊まっているホテルの庭でライヴコンサート付きのパーティ、翌日は式場のまわりの庭で長いパーティタイムがあった。総勢90名くらい。

で、次から次に紹介されたり、自己紹介し合ったり。
久しぶりの人も初めて紹介された人も、頬を右左にくっつけて挨拶をする。
そして力一杯抱きしめて、再会を喜ぶ。親戚の場合、これは良いなあと思う。お義父さんが生きていた頃、会うたびに心から抱きしめてくれた。
よくも息子と一緒になってくれた、という感謝の気持ちも、私を気に入ってくれているという気持ちも、十分伝わった。
身体を寄せるのは気持ちの伝達にとても良い。日本人は親子の間でさえ身体を触れることがない。儒教のせいだ。

そして英語というのは社交の場では、とくに良いものだなあと思う。
十代や二十代の若い子が、まったく臆せず五十代や六十代の大人と、完全に平等な態度で話をしている。
敬語がないということは、どんなにか自由なことかと思う。子供に対しても、年配者に対しても、話す言葉は最初から最後まで同じ言葉だ。
これは特に、子供の自由と自立を促す。

若者たちはいつもの仲間とのスラング続発の喋りかたではないにしても、年上だからって身構えたリ、返事が少なめになったりしない。
敬語がないことは社交を容易にしていると思う。もちろん、幼い頃から社会性を親が訓練するアメリカだから、言葉の問題ではないかもしれない。
しかし、若い日本人にとっては容易でないはず。

甥、姪にとって、こちらはおじさん、おばさん。日本でこの関係は、まず言葉で自由を奪われる。身内で近い関係にも関わらず、年上なのでタメ口をきくことをためらってしまう。
これは言葉の問題だけでなく、身分制度の問題もあるだろう。子供が自分を年少者として位置付け、年上の人間に対して距離をとる、という儒教的な身分観である。
たしかに私が子どものころ、遠くの地方に住む母の兄つまり伯父に、、どのように話していいかわからず、デスマス調か友達調か迷い、とても不自由を感じたことを覚えている。子供の頃、友達同士の喋りかたをしていた従姉妹と、おとなになって疎遠になった今では、いつのまにかデスマス調になっている。こういう不自由感が日本語の嫌いなところだ。
私は、できることなら敬語は減らす方向に向かってほしいと思う。

ところが、TV を見ていると、「XXさんのご本を読ませていただきましたが」と、そこにいない著者にまで敬語を使っている。「〜させていただきます」の連発である。
出版社にフリーのライターがファックスを送るのに、「計3枚Faxを送ります」ではまずいそうで「計3枚Faxを送らせていただきます」と言わなければならないらしい。本当にばかばかしい。
どっちが身分的に高いか、暗に計っているのだ。身分制が少しずつ復活しているのかもしれない。
過剰な敬語は、この時代の日本の向かっている方向とどこか重なりあっているようで、いい気持ちがしない。
[PR]

by keiorihara | 2013-08-12 17:51 | 日本語と英語 | Comments(4)
Commented by シドニーのかおり at 2013-08-12 18:13 x
スキンシップがあるのは、私も好きです。会ってうれしい!という気持ちを、しっかり伝えられるから。ポーランド人の夫方家族は、しっかり抱きしめてしっかりキッスします。日本の家族はお辞儀(笑)。こんなもんだ、と使い分けていますが、距離感の違いにとまどうこともあります。
でもね、ラテン系の踊り、タンゴとかサルサをやってる人たちは、日本でもラテン式にけっこう抱擁と接吻がたっぷりの挨拶なのですよん。ちょっとぎこちなかったりするけど(笑)。
Commented by kei at 2013-08-13 02:00 x
かおりちゃん、いつも見てくれてありがとう。これから日本語と英語のことをもっと書こうと思うのだけど、私は英語が下手という条件下で書くので(だからこそ感じることも多い、というわけで)、英語プロのあなたにウォッチしてもらって、意見を書いてくれるとありがたいな。よろしく〜!
Commented by Akiko at 2013-08-16 03:41 x
帰国してすぐに引っ越しました。池袋徒歩圏内ながら、マンションの目の前は小さな公園で、ベランダから借景を楽しんでいます。
恵さんのサニーサイドの写真をみながら、ああ、私は東京でこれを手に入れたくてこの家を選んだんだなあと思い至りました。

敬語の話に関連しますが、男言葉と女言葉の違いも距離感に影響しているかもしれませんね。いまの日本の若い子はほとんど性差ないしゃべり方をする一方で、英語にも女言葉はあるとはいいますが、とかく年齢、性別など個人の属性で区別しがちなのが日本かも。
Commented by kei at 2013-08-16 11:45 x
Akiko さんは本当にエネルギーのある人ですね。東京は東京、良いところもいっぱいあるので、あまりNYを引きずらずに、でもチャレンジ精神は引き続き持って、と、そんなこと私が言うことないけども。
性差のこと、ごもっとも、これから日本語のことも、いろいろ書いてみようと思っています。


<< サニーサイドからエンパイアステ...      ウィリアムズバーグ  Will... >>