折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 16日

選挙って民主的?  

a0215638_23105369.jpg
Bryant Park, Manhattan
クリスマスの日25日から12夜をへる1月5日まで、エンパイアステートビルはクリスマスカラーで彩られま した。
ニューイヤーズデイのお祝いは、12月の31日に集まって、文字どおり、元旦になった夜中12時の瞬間に乾杯で祝う、というのが一般的のように思います。そして1日は祭日ですが、2日からは通常の勤務です。しかし25日から5日〜1週間くらいクリスマス休暇をとる人も多いようです。


日本の人が「アメリカのお正月は何日休み?」なんていって来たので、何だか遅すぎる写真と話題だなあと思いつつ、数日前に更新した(つもり)のですが、今見たら、更新されていなかった!  まあいいか、まだ1月だし、、、なんてね。

アメリカの飽くなきキャピタリズムの追求の話を続けるつもりでしたが、日本のニュースに愕然として、、、都知事選の話です。
細川護煕が脱原発を掲げて、小泉純一郎の支援を受けて立候補した。
細川氏は昔から人間的に?の人だったけど、つくづく今回の立候補の仕方はえげつないと思う。
本当に脱原発を訴えたいなら、はじめから脱原発を掲げて立候補している宇都宮健児氏を応援して声をあげれば、すばらしかったのに、と思う。小泉に声をかけられ、たったの数日間考えたあとの出馬。(マスコミの報告を鵜呑みにすれば、ってことだけど)。
戦国時代のなんとかの陣、そのものですね
細川氏はこう言ったのだ。「勝ち負けじゃない。脱原発を訴えたいから」と。じゃあなおさらです。
つまり都政だの地方行政だの考えたこともない人が、小泉の脱原発の一声に刺激されて、「オイラもあんな風にかっこ良く声をあげたい。これはチャンス」と。

政治家の多くがそうなんだと思いますが、この人も殿様になりたいのだと思う。(もともと殿様だし)
しかしこういう文章を読んで、考え込んでしまいました。要約を省略するので、読んで下さい。
東京都知事選 ~ 細川出馬なら、宇都宮氏は勇気ある撤退を(ブログ:誰も通らない裏道)

2000年のブッシュとゴアが争った大統領選を思い出します。僅差で(多くのちょんぼで)ブッシュが当選したとき、同時に大統領選に立候補していた緑の党候補で環境運動家の ラルフネーダー氏(60年代から根強い人気の、大資本と真っ向から対立する市民運動家)が、その2.7%(288万)の得票で、はからずもブッシュを勝たせる結果をもたらしたと言われたのです。
その後の2004年、2008年にも、ネーダー氏は自分の意思を伝える手段として、立候補をしつづけました。
しかし、ネーダーファンは悩みました。そして苦渋の決断で、共和党よりまし、とケリーやオバマに投票したのです。

ゴアがいくら怪しい人物だとしても、ブッシュよりはるかにマシといえるのではないか。
ゴアがなっていたら、アフガン戦争、イラク戦争で、こんな悲惨な殺戮をくり返す結果になったでしょうか? 
だいいち、9・11自体が実行されていたかどうかもわかりません。
(これもまだ私の楽観的すぎる見方と言われるかもしれませんが。誰がなろうと、民主党であろうと共和党であろうと、このシナリオは、すでに作られていた、ということかもしれませんが)

しかし、有権者はどうしてこんなに苦しまされるのでしょうか?
宇都宮氏はネーダー氏のような弱小候補とは違いますが、しかし、細川出馬でもう話がついたようなものでしょうか。
でも、意外と宇都宮さんは人気があるようで、票が割れて、自民党舛添が、、、となると、最悪の展開です。
こういう決断をせまられて、有権者はいつもむなしい思いばかりしています。
これが民主主義、私たちの声を政治に反映するもっとも有効な手段なのでしょうか?
[PR]

by keiorihara | 2014-01-16 01:33 | 日本とアメリカ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://keiorihara.exblog.jp/tb/19340205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tami at 2014-01-19 09:30 x
まさに!各種選挙のたびにいつも悩むところです。
Commented by keiorihara at 2014-01-19 21:32
tamiさん、コメントありがとう。こんな遠くに住んでいるのに、なにを言っているのだって、ちょっと落ち込んでいるところでした。これからもよろしく。
Commented at 2014-01-20 09:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 都知事選のこと、再び      雪の墓地 >>