折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 14日

タイのお寺

a0215638_18353287.jpg
Wat Buddha Thai Thavorn Vanaram, Elmhurst


a0215638_183604.jpg



a0215638_18363037.jpg



クイーンズのタイのお寺は、クイーンズの”隠れチャイナタウン”とよばれる地域から程近いところにあります。
こんな立派なお寺があるし、なんといってもタイレストランの多さといったら(マンハッタンではブロックごとにある)(うちから歩ける範囲に6軒もある)、たぶん日本レストランを抜いているのではないかと思うほどですから、よほどタイ人の移民者は多いのかと思って調べてみたら、日系人の130万人にくらべて30万人。
でも明治からの歴史のある日系人にくらべるとタイ移民の始まりは60年代からで、歴史がない割には急速に増えているひとたちといえるでしょう。
アメリカのチャイニーズ、コリアン料理はどうしてここまで変えちゃうの?、という代物が多いのに比べると、タイレストランは充分素材の野菜の種類がそろってなくても、美味しい店の確率はかなり高い。
こんながさつな国に来ても、オーナーやウェイトパーソンたちの笑顔は本国と変わらず絶品です。
アジアで唯一列強の植民地にも日本の侵略にも犯されなかった国。そこにはタイの深い知性となぞが隠されているに違いありません。
アメリカ人がバンコクで起きている暴動に目をしかめても、私は、これはこれでタイ人の秩序のおさめ方にちがいないと思い、きっといつかタクシンさんよりはましな人が現れて、何となく事態は収束し、となるような気がしているのです。
[PR]

by keiorihara | 2014-04-14 16:40 | Queens | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://keiorihara.exblog.jp/tb/19675366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さとう at 2014-04-15 19:45 x
きらびやかな寺院。移民の数の違いではなく、日系とタイ系の宗教度の違いなのかも。
Commented by Akiko at 2014-04-16 18:02 x
おひさしぶりです!
東京も長い冬でしたが、さすがに先月から一気にあたたかくなって今日は初夏のようです。
こんな寺院があったのですね。エルムハーストですか。行ってみたかったなあ。
サニーサイドのタイ料理屋はなかなかいいですよね。青パパイヤサラダがなつかしい。
Commented by kei at 2014-04-16 22:58 x
確かにタイは、世界でもっとも宗教が老若男女を問わず国教として浸透している国かもしれません。
Akiko さん、お久しぶり。またニューヨークに来て下さい。ソムタムをいっしょに食べに行きましょう。
Commented by aya at 2014-04-26 10:11 x
ところで,Windowsxpのパソコン、変えた?
私昨日やっと。お金かかるねー。パスワードとか、色々具合めちゃくちゃです。クイーンズの多国籍の人たち、一見お金なさそうだけど、
ネットとかパソコンとかはやれてるんだよねー。
Commented by kei at 2014-04-27 06:48 x
aya さん、わたしはマックです。そうですね、これに関してはもう逃げ道はないかも。3年に1度くらい買い替えさせるつもりで作っているような。
アメリカは日本の10倍くらいネット社会です。小学校から大学まで、学校と親、教師と学生等、連絡事項は全部ネットだそうで。
例のオバマケアにしても、URL以外どこにも窓口はなく、申し込みは全部ネットです。電話番号はあるけど。まるでコンピューターを持ってない人はいないという前提みたいです。
広告なんかも、イメージコピーのあとにXX.COMと書いてあるだけのものが多いです。商品選び、医者選び、店選び、にネットは大活躍をします。アメリカ人の口コミの大きさがネットに反映しているから。
Commented at 2014-04-29 08:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 野菜について      ダンボ DUMBO, Broo... >>