折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 21日

地下鉄7番線

a0215638_12422736.jpg



a0215638_1243536.jpg



a0215638_1245775.jpg



a0215638_12452215.jpg



a0215638_1246033.jpg



a0215638_12534653.jpg



a0215638_12461911.jpg

タイムズスクエアからまっすぐ東に走って、イーストリバーを超え、クイーンズの真ん中をさらに東にまっすぐ走る地下鉄7番線。
7番線は乗客の5人に一人くらいは東アジアの顔をしているはずなのですが、夏のシーンにどういうわけか写真が見つかりません。

2番目の写真に背広にネクタイ姿の人が居心地悪そうにいますが、地下鉄でビジネススーツの人を見るのは通勤時間でもほとんど皆無で、これも未だ解明できないニューヨークの謎の一つです。
この人は、その日たまたまクイーンズでイベントかなんかがあって、タクシーがつかまらず、時間が心配で地下鉄に飛び乗ったのでしょう。キャンペーンだかのバッジをつけています。いわゆるビジネスマンではないのでしょう。だって地下鉄に乗っているのですから。

最近、7番線もついに新車両が導入されましたが、ほかの線の車両と比べて、蛍光灯がすごく明るく仕立てがいまいちもっさり、と思ったら、日本製でした。車両にちゃんとMade in Japanと書いてあったのです。
[PR]

by keiorihara | 2014-06-21 14:18 | Queens | Comments(2)
Commented by Akiko at 2014-06-23 02:30 x
朝、上り電車がすごく混んだ状態で46th St. の駅に到着したことがありました。皆、無理して乗ろうとはしなくて、待ちの姿勢。私の隣に立っていたアフリカ系男性がそのまた隣の人にむかって「知ってるか?日本じゃ、後ろから係員が押して人間を詰め込むんだぜ~」って喋っていたのを覚えています。現実には人口高齢化と輸送能力拡充で、ラッシュ時の詰め込みはなくなりつつあります。
7番線といえば、ゆったりしたコートを着ていたとき、妊婦と間違えられて席を譲られたことが立て続けに3回ありました。慌てて身体にフィットしたコートを買いましたが(笑)。みんな親切だった。(私ってそんなに若く見えた?)
Commented by Kei at 2014-06-30 04:28 x
Akikoさん、最近、コメントが来てもどういうわけか知らせてくれなくなって、ごめんなさい、気がつきませんでした。
確かに、妊婦、ですぐに反応するのが素晴らしいね。ふっくらとしたひとは若く見えるのでうらやましいです。あ、ふっくらって、顔のことですよ。
電車の中では、ニューヨークのひと、みんな親切ですね。わたしもよく若い男性やら、時には若い女性からも席をどうぞと、声をかけられます。それに腰掛ける前に、私もしますが、周りにもっと弱そうな人がいないか見回してから座るんですね。あ、こういうことを本文に書くんだった。


<< 7番線でFlushingへ      いきなり夏のサニーサイド >>