折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 16日

クイーンズのチャイナタウン Flushingを歩く

a0215638_129194.jpg

クイーンズの、今ではマンハッタンのチャイナタウンをサイズの面でも数の面でも抜いたといわれるフラッシングのチャイナタウン。地下鉄7番線の終点にあります。


a0215638_843887.jpg
どんな時間もどんな曜日も人でいっぱいの通り。


a0215638_5104780.jpg
チャイナタウンといえば、いぜんは香港、マカオ、台湾と、それに東南アジア、中南米の華僑の出身の人が多かったそうですが、いまでは本土、中華人民共和国からの移民がふえて、そうなると言葉は北京で話されている公用語であるマンダリンが力を得てきているそうです。
たとえば福建省から来たひとは母語が福州語(福建方言)であるにもかかわらず、こどもにはマンダリンを話してほしいと願い学校教育に力を入れるそうで、どんどんアメリカの中国社会はマンダリンで統一されていくようです。
広告文字も簡体文字が増えていくに違いありません。


a0215638_13342421.jpg
中国人といえば、一昔前は小さい人ばかりだったように思いますが、つぎのジェネレーションは本当に大きい。文字どおりこの国のジェネレーションギャップは、ひと世代飛び越したほど大きいような気がします。


a0215638_85242.jpg
造花と、花の写真の壁掛け、って似たコンセプトですね。オープンしたばかりのモールの中のピカピカのインテリアのお店。


a0215638_13351997.jpg
最近の上海やら北京に行ってみたくなります。


a0215638_12153043.jpg
ここフラッシングには1986年の調査ですでに、6万の中国人によるビジネスがひしめいているという話です。
この通りは1階は飲食店ですが、その上はぜんぶヘアサロンやエステなどの美容関係で埋まっています。


a0215638_86194.jpg

ニューヨーク市に住むチャイニーズアメリカン(アメリカ国籍をもっている、中国人+華僑出身者)52万人のうち、21万人がクイーンズに住んでいるのだそうです。
1平方マイル(1マイル=1.6km)に、中国人は1912人いるそうで、クイーンズの人口の9.2%が中国人。といっても移民ヴィザで住んでいる市民権(国籍)をとっていない新移民(私のような)はこの数に入っていないのですから、これらの数字はすごい、と改めて思います。
つまり、クイーンズには10人に一人なんてものじゃない数、東アジアの顔をした人がいるんだということです。
[PR]

by keiorihara | 2014-07-16 12:15 | Queens | Comments(2)
Commented by aya at 2014-07-23 14:30 x
日本に観光でくる中国人は、すごい買い物しまくり、というイメージ。
中国人ってあちこちにチャイナタウンを作るけど、日本人はあまり日本人街ってきかないねー。
Commented by Kei at 2014-07-23 22:58 x
中国本土から最近来る中国人は教育レベルも高く資産もある人が多いような気がします。そういう人たちはいきなりアメリカ社会に入っているかもしれません。日本人は資産はともかく英語ができて、あるいは留学でやってくる人が多いので、同胞で助け合う必要もなくアメリカ社会に入って行っているのでしょう。日本人同士かたまるのを、みな良しとしていないのだと思います。でも、カルフォルニアの日本人移民は古いので、LA にLittle Tokyoという日本人街があります。今ではモダンできれいな観光地になっていますが。  


<< フラシングのショッピングセン...      独立記念日  4th of J... >>