折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 30日

フラシングのショッピングセンター Flushing Mall

a0215638_1253228.jpg
この色使いの奇抜さ?に、びっくり。そこら中を色とデザインで埋め尽くしたいという意欲がいっぱいです。


a0215638_1256165.jpg
でも、ほとんどお客がいません。多くの店がシャッターを下ろしているのです。


a0215638_12492426.jpg

右の雄牛はメッツのユニフォームです。さすが地元。
しかし、このショーウィンドウ(だと思う)の陶製の牛のカップル、スゴイ。。。


a0215638_4202643.jpg
上の陶器屋さんの店内です。ひょうたん型に目が引っぱられました。この画面の中にも4つもひょうたんが。


a0215638_1254552.jpg
彼氏へのプレゼントにZIPPOのライター?  そういう時代が日本にもあったような。


a0215638_12502610.jpg
この床のビニタイルの色に圧倒。歩いている女の子のバッグとパンツにも注目。


a0215638_4292254.jpg
こちらは指輪を加工してもらったようです。運命の石?
しかしメノウでしょうか、こんな大きなネックレス? 幸運がかかっていると思うと重いのもなんのその?

a0215638_4205488.jpg
じつはこの写真は2年前に撮ったもの。このお店はもう閉店しました。栄枯盛衰はげしいフラッシングです。たくさんのおもしろいお店がなくなりました。


a0215638_2321539.jpg
この街は、60年代まではヒスパニック系の入らないまったくの白人の住宅地域だったそうです。チャイナタウンを形成し始めたのは70年代から。今では44%の住人がアジア人です。(韓国人も多くこのなかには韓国人街もあります。80年代までは日本人もけっこう住んでいました)人の流れの速さにびっくりします。


a0215638_2324031.jpg
フラッシングモールのなかにあるNPOのシニアデイケアセンターをのぞいてみました。中国拳法やら墨絵やらいろんなことをやっていて、豊かな文化を感じました。
上海から来た若い女友達は、ブランド品のバッグ(5万円以上)を買って上海に送って、という小ビジネスをしています。送料をひいて関税を取られても、もっと高く売れるので儲かるのだそうです。中産階級がどんどん買うのよ、と言っていました。中国はあっという間に、わたしたちのイメージを塗りかえているようです。
[PR]

by keiorihara | 2014-07-30 07:22 | Queens | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keiorihara.exblog.jp/tb/20029176
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さとう at 2014-07-31 14:28 x
フラッシングモール、いいね。けばい嘘っぽさが、なんとも言えず哀愁をさそう。東京は暑いです。
Commented by kei at 2014-08-01 00:18 x
そう、90年代のフラッシングモールでさえ、すでに哀愁漂う。新しいモールや全米チェーンに客を取られ、、、といっても小さなイチバは生きてますけどね。ともあれ中国本土の変化の激しさを反映しているように思えます。


<< ヒンドゥー寺院 Geeta t...      クイーンズのチャイナタウン F... >>