折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 30日

フリーメーソン、ニューヨーク支部  Freemason, the Grand Lodge of New York

a0215638_12163852.jpg


マンハッタンのフリーメーソンニューヨークロッジ(支部)のサイトを発見して、ちょっと入り口だけでも覗いてみようと思い、出かけました。
ドアをいくつか押して奥まで入ると、エレベーターの脇の方にちょこっと目立たない感じで ”ツアーをやっています” とあるではありませんか。
えっ?  ここはいわゆる”秘密結社”と言われているところだと思っていましたが、、、いまや、そういう言われかたをしたくないということでしょうか。でも、この雰囲気。。。

a0215638_12114885.jpg
何ともいえない美意識ですね。
この門はすべての部屋にあって、古代エジプトのソロモンズテンプル(ソロモン神殿)の門を模しているそうで、神殿を建てた建築家にまつわる伝説やら、あれやらこれやらが、壮大な物語と、たくさんの印などの細々をとおして、メーソンを知り始めるとつきることなく登場して、この何か掘っても掘ってもつきない隠された感じが、ワクワクドキドキさせる要素にちがいありません。ちなみに会員は男性のみ。


a0215638_12104776.jpg
ここで位階の儀式、などやるそうです。


a0215638_1212153.jpg
友人が壁の石をさわって言いました。「この大理石は地中海沿岸でしか採れない大理石だ」と。


a0215638_12183313.jpg
儀式の部屋は、ルネッサンスの部屋とか古代エジプトの部屋とか、えんえんあります。


a0215638_1215646.jpg
玄関ロビーの上方にあった絵。
メーソンというのは石工のことで、しかしこれは何をしている絵でしょうか?  なんか宝箱を石の中に隠しているのかな、なんて思いますよね。みな石工のエプロンをしています。きっと、わかる人には簡単にわかる話かもしれませんが。こんなふうに、知る人ぞ知る、みたいなものが、ぎっしりなのです。


a0215638_12154749.jpg
ナチスドイツのゲシュタポ本部の地下から発見されたもの、とあります。当時フリーメーソンリー(会員)は、8万〜20万人、ヒトラーに殺されたそうです。(Wikipediaより)
左上の形が、いわゆる一般的なフリーメーソンのマーク。コンパスと定規です。秘密のサイン好きの人にいわせると、とくにワシントンDCは街中のいたるところにメーソンの印が発見できるそうです。
うちの近くの墓地の墓石にも、コンパスと定規の絵はたくさん見ることができます。


a0215638_41298.jpg
右はベトナム帰還兵の団体が、ニューヨーク支部に授与した感謝状のようです。左は軍艦Tutuila からの、ニューヨーク支部に対しての褒賞だか感謝状のようです。
「恒久的な監視(警戒)は自由の代償」とあって、これはトーマスジェファーソンの言葉であり、また、この軍艦のモットーだそうです。(Wikipedia) 
で、つづいて、揚子江パトロール、ソロモン諸島、レイテ島、沖縄、キューバ、ドミニカ共和国、ベトナム、とあります。この軍艦が活躍した地域でしょう。
こんな興味深い展示品がえんえんつづきます。

a0215638_12171654.jpg
正装の名誉会員。儀式のときのエプロン(前掛け)をしています。


a0215638_4125564.jpg
エプロンをしたワシントン初代アメリカ大統領。二人のルーズベルト、トルーマン、チャーチル、、、政治家もたくさん会員です。
日本では戦後の初代自民党総裁の鳩山一郎が会員でした。初代民主党党首、鳩山由紀夫の祖父です。
そういえば、鳩山由紀夫氏のモットー”友愛”は、フリーメーソンがFraternity(友愛)の組織であって、おじいさんがフリーメーソンリーだったことと、なにか関係があるのかな、とチラと思いました。


a0215638_12174757.jpg
アメリカ中にフリーメーソンの支部は13200もあるそうです。NYメーソンに興味がある方はホームページを見て下さい。
右端の黒人のおじさんがツアーコンダクターでした。
[PR]

by keiorihara | 2015-06-30 13:24 | Manhattan | Comments(0)


<< ラマダーン明け バングラディッ...      アイリッシュのSunnyside >>