折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 10月 30日

Occupy Wall Street ウォール街を占拠せよ 2

a0215638_143189.jpg
 


Occupy Wall Street の運動にたいして、前回、リーダーがいないし、闘争目標がバラバラ、というような心配事を書きましたが、思うに、まさにこの点において、この運動はアメリカにおいて、新しく素晴らしいのかもしれない、と思うようになりました。
つまりここには、オバマよどうしろとか、イラク戦争反対とか、医療保険のA案に反対とかというこれまでの抗議と比べると、そこには根本的に異なる大きな怒りと絶望があるからです。

「ウォール街を占拠せよ」 という、かけ声というか運動の名称も、考えたら、秀逸だと思います。
彼らはもう、議会など相手にしていない。議会制民主主義すら信じていない(プラカードに、投票するな!というのもありました)。
合衆国の連邦議会で行われていることがお芝居であることを見抜いている。(まあ、日本の国会も金屏風の前の猿芝居だと思いますが)
この国のほとんどの議員が上流の出身(アメリカの階級社会についてはまたの機会に)で、ウォールストリートのために働くことが国会議員の仕事といえます。(そうではない議員も一人くらいいるようですが。アフガン攻撃、イラク攻撃に反対した議員はたった一人だったのです)

こ のウォールストリートを動かしている層というのは、この国のトップ1%の資本家層(といっても人口3億人を超した合衆国では300万人にもなりますが)、 そのうちのさらにトップの国際金融資本家層、ロックフェラー、メロン、デュポン、モルガンなどの財閥と軍需産業、石油産業、製薬産業などの多国籍企業家た ちと、それへの投資家層。
彼らをもうけさせるために、この国には外交(経済コントロールあるいは戦争)というのがある。議会で話されている主なことは、この”外交”です。
まさに、” We are the 99%" というシュプレヒコールは、根本をついているラディカルな声であると思われます。

この国が曲がりなりにも機能しているのは、州や市の地方自治体の行政がしっかりしていることと、たくさんのボランティアをかかえた、ものすごい数のNPOの働きがあるからです。

しかし、この国の上層の非情な金銭欲は、アメリカの企業全般の体質になっているように思えます。
儲けるためには、どんなことをしてもヘイチャラ。訴えられても必ず勝つようになっているようです。サービスなんてことは頭にもありません。
例えば私の経験で言うと、病院•医院は、コンスタントに請求書を二重に取り立てます。または電話会社、ガス会社などはコンスタントに数字を間違えます。
請求額を銀行に自動振替をしたらおしまい。10ドルくらいの数字の違いは気がつかないことがあります。

電 話会社に、使用料金と請求額とが違うと電話したら、請求書は別会社がやっているので、我々電話会社とは関係がありません、請求会社に電話してください、と いわれる。そこに電話すると、この会社は請求書を出しているだけで、この数字は会計会社から来たものだから、会計会社に電話しろと言われる。そこに電話す ると、この数字は電話会社から来たものだ、といわれる。
それまでに、音声レコードでどこどこに用件の人は数字3を押してくださいとか、ものすごく疲れる作業を強いられる。その前に、混み合っていますのでお待ちください、という機械音に辛抱強くつきあわなければならない。電話代もかかる。
たった10ドルのために、これほどの時間と労力と苦痛を味わわなければならないなら、もういいやと思う。面倒くさいと。
このような手法で、つまり卑怯な手法で、庶民は金を巻き上げられている。

Occupy Wall Street の運動は、この国の資本主義の体質そのものを問うている。
資本主義の行き着く先の悲劇を問うている。
資本を手にした者たちの権力ゲームの冷酷さを問うている。

この運動には目標がないと批判する人がいる。先がないと。
確かに、そうだ。
革命でも起きないかぎり、彼らの抗議は聞き入れられないだろう。
アメリカ帝国主義粉砕! と、声をあげたことに近い。
ある意味、とても過激な運動ともいえるのではないかと思う。
でも、いちばん大事なことは、声をあげたこと自体なのだと思う。

a0215638_3295666.jpg
証券取引所向かいで行われているアートショー[Loft in The Red Zone] の作品より
a0215638_332274.jpg
キャンプ地Zuccotti Park(前回にリバティパークと書きましたが、2006年に名称変更していました。金を出した金持ちたちが自分の名前を付けたがるのでしょっちゅう変わるのです)で、思い思いのプラカードを書く人たち。

a0215638_3335715.jpg
「オバマを変えよ」 または「オバマよ、変われ」かな?

a0215638_3463277.jpg
シュプレヒコールが音楽的。

a0215638_3572747.jpg
これらの写真は、10月9日撮影。

きょう、10月29日昼、初雪が降り始めました。買い物がてら近所で写真を撮って、それからもう3時間も降り続いています。今摂氏1℃
ズコッティ公園に寝泊まりしている皆はどうしているでしょう。。。。

a0215638_415145.jpg
Sunnyside 10/29 12:00PM
[PR]

by keiorihara | 2011-10-30 04:19 | USA | Trackback | Comments(1)
2011年 10月 25日

番外篇  グランドキャニオン Travel to the Southwest, Grand Canyon

更新が遅れてしまいました。
私事を書いてしまいますが、今回は番外篇ということで。

事の発端は、航空会社のマイレージの期限が10月末に切れてしまう、ということでした。
国内だったら二人分どこへでも行けるマイルです。じゃあ、どこかに行こうということになりました。
10月は私の誕生日があるので、誕生日祝いに私の行きたいところに行こうと夫が言ったのです。
私はすぐに答えました。
「グランドキャニオン!」
30年以上前にグレイハウンドバスの一人旅でアメリカ中を2ヶ月かけて一巡りしたときに、早朝の車窓から見たグランドキャニオンの真っ赤な壁面(バスの運転手はこの壁の向こうがグランドキャニオンだと言ったのだと思いますが)のあまりの美しさが忘れられず、長い間ずっと行ってみたいと思っていた場所なのです。

けっきょくそのときにマイルで買える便は、腹立たしいことには、空港に夜中に着くとか帰りの便の出発時間が早朝とか、とても利用したくない便なのです。
「マイレージなんかに束縛されるなんて馬鹿げている」と、夫は特典旅行を捨てて、自分で航空券を買ってしまいました。
(で、あとでわかったのですが、そのマイレージは最近、無期限に変更されていたのです。めでたし)

ラスベガスの空港からレンタカーして、大型ディズニーランドのようなラスベガスのケバケバしい街を車窓から眺め、南ユタをめざし出発。
それから8日間、グランドキャニオン、ブライスキャニオン、いくつかのキャニオンランドを通って、モニュメントバレー、ナヴァホインディアンの居留地、メサベルディ とチャコキャニオンのプエブロ(約1000年前のネイティヴアメリカンの住居跡)を見て、サンタフェ、アルバカーキーまで1500マイル(約2400キロ)を旅したのでした。

a0215638_1374241.jpg
Grand Canyon from the North Rim 向こうに見える南壁(ほとんどの人はこちらを訪れる)まで約30キロの距離があります。私たちが行った北壁(標高2700メートル)は積雪のために閉鎖される一日前でした。

a0215638_14482658.jpg
Bryce Canyon National park (Photo by T.Lacy)
アメリカの国立公園の素晴らしさに感服しました。道路標識どころかガードレールもフェンスもほとんどありません。
舗装道路につけられた見晴らしのいい展望台には、それなりの囲いや地図と名前がついていますが、それも、自然の中にある素材や色を利用して、自然の中にとけ込ませている。
安全というのは自分が責任をもつもの、というのが国立公園の常識なのだと思います。


a0215638_14464324.jpg
Bryce Canyon National Park

a0215638_1452330.jpg
Bryce Canyon National Park

想像を絶する風景。その風景の巨大さ、異様さに言葉を失ってしまいます。
写真ではそのスケール、その距離感、その美しさ、質感、ボリューム、どのひとつも表現することができません。
地平線も空の大きさも深さも巨大すぎて、距離感がわからない。
その姿の異様さに、まるで海の底を見ているようだ、と言ったら実際、5億年前まで湖の底だったそうです。

これらの風景から彷彿とさせるもの(あるいは旅の中から思い出したもの)は、ギリシャ神殿、ビシュヌ寺院、ボロヴドウール寺院、アンコールワット、ローマのコロシウム、西洋のお城 、ローマ時代の城塞、砦、イスラエルのネゲブ砂漠、シリアの荒野、インドの寺院を支える象、そして様々な人間の群像。
偉大な自然が作ったものと、人間が作った神々(あるいは霊)の住処、というのは関係があるのでしょう。
そしてここが聖地であることを確信したのでした。

a0215638_0322366.jpg



グランドキャニオンに関して言えば、コロラド川峡谷を囲むグランドキャニオン国立公園の広さは4930平方キロメートル、長さは446キロ、見下ろす絶壁は1500メートルの深さ。

そして、毎日走りつづけても、つぎからつぎに違った顔を見せるキャニオンや巨大奇岩を見渡す広大で異様な風景は途切れることはないのです。
これが、ユタ、アリゾナ、コロラド、ニューメキシコのほんの一部なのですから、アメリカの大きさをこれほど実感できるところもないかもしれません。

a0215638_0304591.jpg
Bryce Canyon National Park



a0215638_0325354.jpg
toward Monument Valley

a0215638_0334342.jpg
Goose Neck Canyon

こんな風景を15000年前から見てきたアメリカ先住民。
巨大な自然の力を知り、自然の前にひれ伏し、自己を自然の一部とみなして暮らしてきた彼らアメリカインディアンと、自然をつねに征服し、ヨーロッパから”新大陸”にやってきてもなおも自然を我がものにしようとした白人(西洋人)とは、どんなにちがった精神性を持っていただろうと、ここに立ってつくづく感じました。

アメリカ政府がおこなった悲惨なインディアンの歴史は、日本が中国や朝鮮やその他アジアの国々にたいしてやったこととかなり似ています。つまり、人間とみなしていなかったのです。根絶やしにせんばかりの命の奪い方、生き残った者にたいしても同化教育と称して、言葉を奪い、名前を奪い、人間としての権利、尊厳を奪っていたのです。

リザベーションの荒れ野の中にぽつぽつと立つプレハブの家に住み、私たち観光客のモーテルの世話をしたり、レストランで働いたりしている現在のインディアンの生活を見ると複雑な思いです。
今、ナヴァホネーションと呼ばれるアメリカ最大の居留地は自治国に近く、上記4つの州にまたがった広大な地域です。議会を持ち、大学を持ち、観光資源を握っています。
交通標識も全く違った独自のデザインと色で作られています。
そしてインディアンはとても寡黙です。


a0215638_6441997.jpg
Monument Valley in Navajo Nation

a0215638_647433.jpg
Glen Canyon and Lake Powel

a0215638_6485016.jpg
Bryce Canyon 太陽が沈むと間もなく台地の向こうにひょっこり月が現れました。
[PR]

by keiorihara | 2011-10-25 07:29 | USA | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 15日

インディアン街 Jackson Heights

a0215638_13574718.jpg


前回、ヒスパニック通りというタイトルで、地下鉄7番線の高架の下を走るルーズベルト アベニューを紹介しました。
このインディアン街とも呼べるジャクソンハイツは、この7番線の真ん中にある乗換駅なのですが、このあたりはヒスパニック色が一掃され、駅前一帯はインド系にタイや韓国や中国の店もまじりあってたいへんディープな地域です。

インド人のお店が立ち並ぶインディアン ストリートと私が勝手に呼んでいるところを日曜日に歩くと、まるでインドさながら、バクシーシの子どもたちに何人も出会います。
インド人移民は教育が高い人も多く、とくに医者、コンピューター関係、あるいはさまざまなビジネスで、豊かな暮らしをしている人も多く、ここには高級住宅街も広がっているのですが、本国と同じように、階層の開きは大きいのだと思います。

この写真、駅の小さい方の出口に箱をおいて座っているおじさん、そう、バクシーシです。
それからここにはこんな表立った店ばかりではなく、アパートメントの部屋や食卓に人を入れて、いろんな占い、マジックを商売にしている霊感や才能を持った人たちがたくさん隠れているのです。やっぱりディープですね。


a0215638_14285972.jpg

a0215638_1434047.jpg

a0215638_14353589.jpg


a0215638_1430257.jpg
a0215638_14372626.jpg


a0215638_1438591.jpg

a0215638_14423958.jpg

[PR]

by keiorihara | 2011-10-15 00:00 | Queens | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 10日

7 lineー 地下鉄7番線

a0215638_1414647.jpg
Sunnyside−46 St Bliss St 駅


マンハッタンから東へ、イーストリバーの川底のトンネルをくぐるとクイーンズ。グランドセントラル駅から一駅です。
クイーンズでは地下鉄がおおかた高架になっていて、車中からすばらしい(=すさまじい)風景を眺められるのが、クイーンズで地下鉄に乗る唯一の楽しみです。

ニューヨークの地下鉄とバスはすべて市営で、とくにバス路線はニューヨーク中張り巡らされていて感心しますが、100年以上も断固として改築どころか改装すらしない地下鉄駅や階段には、本当に驚いてしまいます。
なんとかしてよと思いますが、でも奇麗なところを歩くという快適さと引き換えに、失うものは大きいのだろうなと思います。
これがニューヨークの質感で、この質感こそが東京とニューヨークを決定的に違わせているものだからです。

そういえば7番線の話でした。
そういう地下鉄駅から7番線に乗ると、さらに時代を超越してしまうのです。
ニューヨーク中から古い車両をかき集めたのか、もしくは70年代からずっと使いつづけているのか、どの電車も古い。
そして、そんな電車に、数えきれないほど多くの聞き慣れない異国の言葉が飛び交っているのです。
わたしは所属というものを完全に失くして、さらに透明人間になったような心地です。

ともあれ改札口から階段を上り、今日のエンパイアステートビルを見たくてプラットフォームの先端まで行き、広い大きな空を眺めるときの気分はまんざらでもありません。
エンパイアステートビルというのは、世界に比類のない堅実な美と中心性をもった建物なのだとつくづく思います。

a0215638_1724084.jpg
Sunnysideー46 St Bliss St 駅


a0215638_1513412.jpg
Long Island CityーQueensboro Plaza 駅

a0215638_15214897.jpg
Long Island Cityー G Lineの駅 Court Square 駅 を7番線から見る

a0215638_15261494.jpg
Long Island Cityー33 St Rawson St 駅
a0215638_1524651.jpg
Sunnysideー40 St Lowery駅
a0215638_17223936.jpg
Sunnysideー46 St Bliss St 駅
a0215638_793835.jpg
Sunnysideー40 St Lowery St 駅
[PR]

by keiorihara | 2011-10-10 00:00 | Queens | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 05日

Occupy Wall Street ウォール街を占拠せよ

a0215638_405875.jpg
 太鼓の音とシュプレヒコール  
 ♪ Show me! what democracy does look like!  
 ♪  This is! what democracy does look like!
a0215638_521693.jpg
♪ Bank got bail out! ♪ We got sold out!
a0215638_5311674.jpg
♪♪ We are the 99 %!!
a0215638_1218176.jpg
Liberty Square Park

前日の日曜日、ブルックリンブリッジの車道でデモ隊の中から700名が逮捕された。
このところ毎日雨が続いたにもかかわらず、” Occupy Wall Street" の運動は少しずつふくれあがっているらしい。
3週間目、全国30都市にひろがっているという。
ネットで見ても、ポイントのはっきりしないデモだなあと思ったものの、やはり行ってみなければわからない。

ウォールストリートはもしかしたら初めて歩いたかもしれない。ビルの大きさに比べて意外と狭い道だ。
証券取引所一帯は車道がロックアウトされ、デモ隊は広がって歩くことができないようになっていた。
デモの拡大を恐れて、すでに9月17日にフェンスが張られたそうだ。
証券取引所の向かいの旧JPモルガン銀行の空きビルでアートショー をやっていたのでそれを見ていたら、聞こえてきた。太鼓の音に合わせてシュプレヒコールを唱える人びとの声が。
急いで外に出たら、どういうわけか胸がバクバクしている。
小雨が降り続いている。
昔の日本の学生運動のように、腕を組んで激しく走るデモではない。
ゆっくり歩きながらその速度にあわせて、まるで歌うように声を合わせている。しかし、声は力強い。
太鼓のリズムがじつにいい。
各プラカードを読む。唱和が聞き取れないので、なんと言っているのか声をあげている人たちに聞く。
一緒に雨の中を歩く。1ブロック、2ブロック。たくさんの警察官のオートバイが横をとろとろと動く。
なぜか目が潤んで、感情が揺さぶられている自分に気づく。なぜだろうと思うけれど、わからない。

プラカードには、1%の資本家たちに握られているこの国の体制を終えよ!  職を与えよ、国民健康保険、学生ローンの救済、学費値下げ、税金を銀行家に渡すな、国民のために使え、税金で人殺しをするな、、、、国民の99%は怒っている!  と、ありとあらゆる抗議が書かれている。
リーダーが全然いない。闘争目標がまちまち。
ちょっときびしいなあ、と思う。

a0215638_1415274.jpg
We are The 99 Percent!

a0215638_1418975.jpg
ウォールストリートの人とデモの人たち

a0215638_15264790.jpg
Liberty Square Park

a0215638_5344597.jpg
これからニューヨークは長いきびしい冬が始まる
[PR]

by keiorihara | 2011-10-05 15:49 | New York | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 03日

Hispanic 通りーRoosevelt Avenue

a0215638_4292279.jpg
そば屋ではなくピザ屋。ワンスライス1ドル

a0215638_1540112.jpg
どこまでも派手な聖母マリア

a0215638_1665653.jpg
見るからにたくましい移動ランチ屋
a0215638_15255881.jpg
日曜の午後のお父さん
a0215638_15283654.jpg
それどころではないお母さん

a0215638_15294167.jpg
真ん中の黒いのは?

a0215638_15242599.jpg
大都市の真ん中でこんな光景はもはや懐かしいですね

a0215638_1527435.jpg
地下鉄乗り場に上がる階段から


クイーンズの地下鉄7番線の線路の下を走るローズヴェルトアベニューは、両側約5キロにわたって延々ヒスパニック系の商店がならぶディープなエリアだ。
ヒスパニックというのは、旧スペインの植民地であった中央アメリカ、南アメリカ出身の、スペイン語を話すアメリカ合衆国に住む人たちの総称で、ラティーノともいう。人種的にはインディオから白人に近い人までの人種混交のかなり広いグラデーションがある。
彼らは、広範囲のさまざまな別の国から来た人たちにも関わらず、同じ言語を話し、同じ宗教を持っている。
そして、かなり似通った食事をし、かなり似通った生活習慣を持っている。これらの違いは国の違いより階級差の方がずっと大きいだろう。

2010年の国勢調査の人種、カテゴリー別統計によると、ヒスパニックの人口は、合衆国総人口3億1千万人に対して4千8百万人。
1970年にはヒスパニックは960万人だった。人口増率がUS全体が6 .1%に対してヒスパニックは24.3%で、これでいくと2050年には1億人を超えるらしい。(流入者も多ければ、産む子供も多いのだ。)
いちばん多いのはメキシカンで64%。プエルトリカンが9%、キューバ3.4%、ドミニカン2.8%、あとはそれ以下の中南米のすべての国。

ニューヨークに関してはすごい。
ニューヨーク市830万のうち、ヒスパニックは230万人。
マンハッタンは3人に一人、クイーンズはそれ以上、ブロンクスとなればヒスパニックの方が多い。
平均を下げているのがブルックリンだが、ここには中南米(とくに多いのは西インド諸島)に奴隷としてつれてこられた先祖を持つ黒人たちが大量に住んでいて、彼らはスペイン語を話す中南米出身にもかかわらず、自己のアイデンティティを黒人、あるいはアフリカンアメリカンとして見いだすために、ヒスパニックの数になっていない。
 ドミニカ共和国で生まれた中国人で、母語がスペイン語でアメリカにやってきた人は、自分をどう規定するのだろう。
やはり、Asian (エージアン) となるのだろう。

今日は数の話ばかりですみません。ヒスパニックについてはまた改めて。
[PR]

by keiorihara | 2011-10-03 07:07 | Queens | Trackback | Comments(0)