折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

タイの寝仏  Thai Sleeping Biddha in Queens

a0215638_2215386.jpg
Queens のタイ仏教寺院の裏側で見つけた仏様。タイの寝仏は私のもっとも好きな仏像のひとつ。



新年明けましておめでとうございます。
去年は本当にたいへんなことがいろいろあった年でした。
2012年はさらに世界の終わりの年だなんて言われていますが、
そういう年には、こんなふうに穏やかな気持ちで過ごしたいものです。
なかなかそうはいかない暮らしをしていますが。

日本の震災被災地の方々が暖かい新年を迎えられることを心からお祈りしています。
[PR]

by keiorihara | 2011-12-31 22:27 | Queens | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 29日

タイムズスクエア Times Square

a0215638_1026484.jpg


a0215638_10265665.jpg


a0215638_1028236.jpg


a0215638_11282024.jpg


a0215638_10291485.jpg


a0215638_10293635.jpg


a0215638_1030127.jpg

[PR]

by keiorihara | 2011-12-29 10:44 | Manhattan | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 21日

ロックフェラーセンターのクリスマスツリー  Rockefeller Center Christmas Tree

a0215638_13254990.jpg
ブログを見てくれている友人のひとりから、ロックフェラーセンターのクリスマスツリーを見たいという話があって、えっ? どういうこと? あんなものを? と思ったのですが、たまには誰かのために写真を撮ってみてもいいな、と思ったのです。

彼は長く東京都で公立公園の造園の専門家として働いてきたひとで、この世界一のクリスマスツリーの ”木” に多大なる関心をよせているようでした。しかし、申し訳ないけどこれ、写真には撮れないものの一つでした。
ここは高層ビルの谷間で、昼なお暗く、どんな時間に行っても惨敗でした。(でも、こんなんでいいのかな。。。)
それより彼がやっているボランティアの話はなかなか興味深いものです。
アフリカで住民のために井戸を掘っている、というのです。

NPOインターナショナルウォータープロジェクト(IWP)は日本の上総掘りというプリミティブな井戸の掘り方をキリマンジャロが見えるサバンナでマサイに指導しています。もうあと少しで100本になります」
と、伝えてくれました。
上総掘りは人力による深井戸掘削技術で、機械に頼らず、燃料を使わず、日本からは道具を何一つ持たずに行き、現地の人たちと共に現地で調達した資材と道具で深井戸を掘るという話です。
そして再び現地の人々の力だけで深井戸掘削、メンテナンスができるように「技術者」を育成しているそうです。
とてもいい感じですね。

ジョージア州に住んでいるとき、いくつかNPOを取材したことがあって、とても感心したので、そのことを書きたいと思うのですが、あまりにも書く内容が多すぎて、なかなかブログで触れることができません。
ともあれ、やりたいことを仕事にする、あるいはボランティアという方法でやりたいことをやる、それを実現できるのがNPO、そんな風に言っていました。 専門教育を受けた人たちは、自分の知識や技術を社会に生かすために、ない仕事は作り出して、社会に必要な行動や組織を生み出し、継続してきたようです。

話が横道にそれっぱなし。
さて、クリスマスツリーはクリスマスの25日から12夜を超して1月6日まで飾られるのがふつうのようです(宗派によって違うけれど)。ジョージアの旧家の友だちの南部造りの家のクリスマスパーティは、毎年1月6日に開いていました。


a0215638_13444010.jpg
点灯されたツリーのてっぺんの星と本物の月

a0215638_13315724.jpg
5th Avenue 口のデコレーション

a0215638_13343370.jpg
ツリーの横、ビルの隙間から教会の尖塔が二つ見えました


a0215638_13382732.jpg
夜は身動きできないほどの人の波

ニューヨーク市では、3日から15日の間にもみの木だけをリサイクルゴミ置き場(歩道ですが)においておけば、すべて粉砕し、公園の花壇のモルチに使うそうです。また、クリスマスツリー祭りには、庭を持っている人のために無料でモルチを渡しているそうで、大変合理的であります。
[PR]

by keiorihara | 2011-12-21 05:53 | New York | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 17日

アストリア Astoria, Queens

a0215638_1695678.jpg
マンハッタンからすぐのアストリアは、クイーンズの中でもちょっとましな商店街とちょっとましな住宅街(と書いて、この表現はビミョーだなあと苦笑いしつつ、しかし私の印象であるので)のあるかなり広い地域です。とはいえ、あらゆる人種とあらゆるお国柄の人がいるという点では最もクイーンズ的なところかもしれません。ギリシャレストランがたくさんあってギリシャ人が多いことは有名ですが、エジプト人や、イスラム系の国の人びとも多く、日本人、韓国人も結構いるようです。

a0215638_16132188.jpg
プレッピーな(感じの)ミドルクラス的高校生たち。
a0215638_16112962.jpg

a0215638_16145953.jpg
地下鉄N,Qの終点は、こうして線路が終わります。この地下鉄路線もずっと高架を走っています。
クイーンズの多くがそうであるようにアストリアも商店街は2階建て、せいぜい3階建てで、空が広い。

a0215638_1614697.jpg
a0215638_16311060.jpg


a0215638_16172532.jpg

なんだか一昔前のタイのバンコックを思い出させます。
[PR]

by keiorihara | 2011-12-17 17:49 | Queens | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 10日

タイムズスクエア地下鉄駅   Underground of Times Square

a0215638_1414174.jpg

a0215638_1411088.jpg

a0215638_142577.jpg

a0215638_1461417.jpg

2011年12月のタイムズスクエア駅構内
[PR]

by keiorihara | 2011-12-10 14:14 | Manhattan | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 06日

「反格差運動」という言葉 (Photo)Grand Central Station

日本のニュースをネットで読むと、ウォール街占拠運動(Occupy Wall St.)のことを、格差反対デモとか反格差運動などと名付けている。
なんだろう、その名称への違和感は。

ただ格差に反対するという言い方は、ちょっと社会主義的な感じがする。
本来平等であるものを格差をなくせ、と言っているのようにきこえるからだ。
アメリカでは人権は平等であるべきだけれど、人の賃金や待遇が皆平等であるべきだという発想はもとよりないので、格差があることは前提であると思う。
つまり金持ちと貧乏人の差が大きすぎる、といって、その”格差”に反対しているのではないのだ。
”格差社会反対”なら少しは納得できるものがあるが。

問題は日本で使われている”格差”という言葉を、日本のマスコミは何の定義もせずに、何も考えずに、違う社会で起きていることに使っていることだ。
なぜ”ウォール街占拠”運動では、いけないのだろうか?  なぜ、ちゃんと翻訳をせずに外国映画に対してよくやるように、別の日本的な言葉に言い換えるのか。(映画に関してはそれが良いときもあるけれど)
格差反対という言葉は、ある法律の適用範囲に格差があるので反対、とか、男女賃金の格差に反対という場合には、意味があると思う。
しかし、たんに格差反対では、金持ちと貧乏人がいることに反対と言っているみたいで、アホみたいではないか。(実際、日本の新聞とネットニュースには何の追求の姿勢もなく、とても冷ややかな、あるいは馬鹿にしている口調である。)

なぜ、格差反対ではなく、”ウォール街を占拠せよ”なのか。
政治が99%の国民のためにあるのではなく、ウォール街を動かす1%の資本家層のためにおこなわれていること、1%の人間の富と権力のために99%の人びとが犠牲になっている、このような社会のシステム(体制)を変えよ、という運動だからだ。

高額所得者を優遇し低所得層を冷遇する税制。税金をしこたま取っているのに国の健康保険もない。医療費も薬代も信じられないほど高い。民間の健康保険も考えられないほど高い。なのに多くの疾病がカバーされない。保険会社が病院も医者をさえも動かしている。保険会社や製薬会社が政治を動かしている。オバマも保険会社や製薬会社の宣伝マンだ。
税金の20%が、武器を生産し貧しい国を侵略し弾薬を消費し人殺しをすることに使われている。兵士をリクルートするのが大変だから、つねに一定程度貧困層をキープしておかなければならない。軍隊に入れば大学だって夢じゃないよ、これが今でも殺し文句だ。(実際のところは入隊しても大学は夢の彼方だというが)

こんなことを書きはじめたらきりがないのでやめる。
言えることは、ウォール街占拠運動は、格差反対などというぼやけたものではなく、観念的なところのまったくない、きわめてポリティカルな、そして根源的な反体制運動であるということ。
民主主義なんてどこにもない、金と権力(ウォール街)が、政治を動かしていることへの異議申し立てなのだ

アメリカにいると、日本はきわめて平均化した格差のない国だと感じる。
日本ではバブル崩壊後の不況の深まりとともに(2005年以降だと思うけれど)、声高に”格差”という言葉が使われるようになったと思う。
でも、バブル期の方がはるかに格差があったように個人の経験からは感じるし、じっさい調べてみたらそのようだ。
一億総中流といわれながら突入したバブル期にも貧困はあったはずなのに、日本には貧困がないことになっていた。存在を認知されていなかった。それに私たちは、バブル期を楽しむのに忙しく、そういう事実をあえて見たいとは思わなかったのだ。
それがバブル崩壊後、不況がつづくにつれて少しずつ、たとえば湯浅誠さんら貧困者を助ける活動をしている人たちの努力などに負うことも大きいのかもしれないが、高度経済成長以後初めて”貧困”に光が当てられたように思う。
貧困の認知とともに、格差が浮かび上がった。

日本の格差は、本当に拡大しているのか、少なくともひと世代前より格差が大きいとはどうしても信じられない私である。
日本でも”反格差運動’があるらしいが、原発問題はじめ、変わらない日本、省庁が決める政治の問題を考えるとやはり、”霞ヶ関を占拠せよ”または”反霞ヶ関運動”こそ、本当のところをついている運動ではないかと思うが。

つぎからは、もっと身近なことを書くことにします。(こんなことをしつこく書くつもりじゃなかったのに、つい)

a0215638_11514458.jpg
グランドセントラル駅
[PR]

by keiorihara | 2011-12-06 13:00 | USA | Trackback | Comments(2)