<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 29日

たまにはブルックリン  Brooklyn

a0215638_802536.jpg



a0215638_805034.jpg




a0215638_7565832.jpg




a0215638_7571691.jpg




a0215638_8134415.jpg




a0215638_7575871.jpg




a0215638_7594180.jpg




a0215638_7573523.jpg



クイーンズから地下鉄に乗って、ブルックリンに入った一駅目グリーンポイントアヴェニュー。
そこで地下鉄から出て、歩き始めました。
庶民的で少し荒れた町並みとアパート群ですが、なぜか、ブルックリンに入ったとたんにブルックリンという感じがするのです。
ブルックリンと言えば、「スモーク」や「ブルックリン最終出口」のクールな映画、凄い映画を思い出しますが、どこかやさぐれている感じが若い人たちを引きつけるのでしょう。
でも、ここも、人種、民族的に住み分けがクイーンズよりもさらに強くあるようで、歩き始めたらまた際限がなくなるので、そろそろクイーンズに戻りましょう。
[PR]

by keiorihara | 2013-05-29 06:29 | Brooklyn | Comments(2)
2013年 05月 19日

ブルックリンのブロードウェイ Broadway in Brooklyn

何と、ブルックリンにもブロードウェイがありました。
それが何と、クイーンズの、あのヒスパニックの大通りローズヴェルト アヴェニューにそっくりではありませんか。
地下鉄 J, M線が高架を走っていて、その下の車道(ここではブロードウェイ)の両側に商店街。かなり庶民的な店が並び、歩道には露天商と。ここでも露天商の多くはメキシコ人のようでしたが。

ただ、ローズベルトアヴェニューとは、歩いている人たちの人種が違います。
人種が違っていても、その生活レベルは似ているかも知れません。

a0215638_13219.jpg



a0215638_23251549.jpg



a0215638_2324125.jpg



a0215638_2324408.jpg



a0215638_23271543.jpg



a0215638_1334662.jpg



a0215638_23254915.jpg


a0215638_4203781.jpg



a0215638_23275955.jpg



a0215638_2326372.jpg



a0215638_23282630.jpg

[PR]

by keiorihara | 2013-05-19 03:35 | Brooklyn | Comments(0)
2013年 05月 10日

アストリアの夜 A Night in Astoria, Queens

a0215638_12285878.jpg



a0215638_12283897.jpg



a0215638_1228695.jpg



a0215638_12274216.jpg



a0215638_12262131.jpg

何ともいえないこの多国籍の”濃さ”を、日本にいる人に写真でつたえることができるだろうか。
写真というのは、どの程度、こうした感覚をつたえることができるのだろうか。
これらの写真に写っているどの一つもが、マンハッタンやブルックリンにはない。
”郊外”ではあるけれど、”アメリカの郊外”ではない。
アメリカ人的、知的美的に洗練されたセンスはここにはない。
トレンディが全然なく、あまりにも庶民的で野暮ったい。
ちょっと気取ってみても、どうしてもクイーンズだと感じさせられる。
今では、このどうしようもなくかっこ悪い街が、
私にとって、
シャッターを押したくなるところ。
不思議である。
[PR]

by keiorihara | 2013-05-10 14:55 | Queens | Comments(2)
2013年 05月 02日

サニーサイドの桜 Cherry Blossom in Sunnyside

前回書いたボストンマラソンのテロに関して、やはりいろんな疑惑が上がっているようですが、私は今はこれ以上いうことはできません。

そのときに言及したグァンタナモ収容所で、166人の囚人のうち130人が2月からハンガーストライキをやっています。
今、そのほとんどが死の淵にいて、5人に1人の人たちが無理矢理食べさせられているそうですが、口から入れると拒否のために吐いてしまうので、鼻から管を入れられて、むりやり食物を身体に入れられるという、人間相手とは思えない苦しみを与えられています。
その中でも86人の人たちは、無実が証明されていて、解放されるべき人たちにも関わらず、”将来何かするかもしれない”疑いのために収容されている、それがグァンタナモです。
Democracy Now!
デモクラシーナウ!

オバマ大統領は、大統領に就任したときに真っ先に署名したのがグァンタナモの閉鎖でした。私はどれだけ彼をそのとき尊敬したでしょうか。そして今、40名が医療を無理やり施されるほど死線をさまよっている現実の前に、再び、グァンタナモは閉鎖されなければならない、なんてしどろもどろに演説していますが、すぐにどうしてやらないんだ、と怒りでいっぱいになります。

そんなこんなですが、こんどはご近所サニーサイドの桜です。今年はいつまでも寒かったせいか遅くまで桜が咲いているようです。


a0215638_0475059.jpg
日本の商店街の紙の桜飾りは、これですね。


a0215638_0492892.jpg
「しばらく見なかったけど、元気かい?」と声をかけている老人。毛糸の帽子の婦人もかなりのお年のようです、、、。写真はバス停の巨大NPO のユナイティッドウェイの広告。



a0215638_16313160.jpg
Sunnyside Garden



a0215638_16334984.jpg
右側の写真は電話ボックスの広告。世界中の口唇裂をもった子どもたちに手術代をサポートするNPOが、人びとに寄付を呼びかけているもの。


a0215638_1632492.jpg
アメリカでは子どもの世話を、お祖父さんがよくやっています。土日はパパも。つまり、デイケアの送り迎えとか、公園で遊ばせるとか、男の人が子どもの保護者として自立してます。

a0215638_1633750.jpg
Sunnyside Garden


a0215638_1658211.jpg
いつものコミュニティの伝言塔のチラシも、春は一段と嬉しそうに輝いているような。
もし罰金250ドルを払いたくなければ、あなたの犬に自分で掃除をするように訓練しましょう、って絵はいいですね。
[PR]

by keiorihara | 2013-05-02 04:30 | Queens | Comments(3)