折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

サニーサイドの寒い日々 Cold days in Sunnyside

a0215638_1111793.jpg
今年の冬はそんなに雪は積もりませんでしたが、冷え込む日が多く、零下10℃を下る日もざらにありました。

a0215638_23222155.jpg
晴れた日ほど寒く

a0215638_195330.jpg
雪が降ると少しなごむ感じで

a0215638_111137.jpg
氷が張っているところと、水たまりとでバスの乗り降りも大わらわで(しかし、みな国籍不明の人たちばかりです)

a0215638_1104226.jpg
ゴム長をみな履いて

a0215638_148111.jpg
さっきのバスを降りた彼女も急ぎ足で

a0215638_1482619.jpg
サニーサイドの冬の夜
[PR]

by keiorihara | 2015-02-28 12:14 | Queens | Trackback | Comments(0)
2015年 02月 22日

ジャーナリズムって?

a0215638_9171874.jpg


ジョージア州にいたころ、わたしが住んでいた町の州立ジョージア大学に、首都圏の某国立大学から交換留学生としてきていたジャーナリズム専攻の女子学生と、あるパーティで知り合った。
将来のことを聞くと、ジャーナリストになりたい、新聞社に就職したいと堂々と答えた。
背が高くスリムで知的な顔立ちをした、日本のメジャーの新聞社やテレビ局に確かにいる毅然としたタイプの女性である。

それで、こういう人は、アフガン戦争とイラク戦争について、どんなふうに思っているだろうかと興味が湧いて、どう思う? と聞いてみた。
「それについては2つの説がありまして、、、ひとつは、、、」
と教科書みたいな口調で話し始めて、しかもそれが”説”でもなんでもないお粗末な話だったので、
「あなたはどう思う? って聞いたんだけど」
と、そもそものその戦争の起こりの間違いを話しはじめたら、彼女は即、こう言った。
「あそこでアフガニスタンに報復しなかったら、世界はどうなっていたと思います?  それに、それって政府を批判することになるんじゃないですか? 」
「えッ? 」
わたしは絶句してしまった。

「そうよ、批判しているのよ。ジャーナリズムっていうのは、政府がやっていること、やろうとしていることを見張って、間違っているときは批判するのが役目でしょう?」というと、
「いえ、 ジャーナリズムは政府が決めたこと、やっていることを正しく伝えるのがジャーナリズムじゃないですか。あまりに正しく伝わってないことが多いんです。少なくともわたしはそう教わりました」
と。
ふたたび絶句。こんな考えの持ち主が、ジャーナリスト志望? アメリカの共和党の人が言ってることそっくりそのままなのだ。
そこで、なんとかもう少し勉強してほしいと思い、本は読んでる? どういう本を読んでるの?  と聞いたら、
「本はあまり読むのはすきじゃないので、ほとんど読んでないです」という。
アメリカの大学生は、毎週毎週、課題のために本を読まされてレポートを書くのに忙しく、好きな本を読むヒマもない、という話はよく聞いていたから、いまは論文のための英語の本は読んでいるにちがいない、とは思った。
この人は、学力があって、英語ができて、国際情勢や社会情勢についてニュース用語辞典に書いてあるとおりのような答案が書けて、就職試験をパスして大手の新聞社なんかに就職してしまうのかもしれない。きっと、そうだ。
しかし、ジャーナリストになりたい人が、「本をほとんど読まない」というのは、あり得ない話というか、発想というか。

家に帰って、夫にそのあきれた話をしたらぜんぜん驚かず、「アメリカのジャーナリズム科は、そういう風に教えてると思うよ」という。
9.11以来、CNNなどのニュースが、映像と裏腹のことを平気でいうのを聞いてから、アメリカのジャーナリズムって変、と思って、わたしはまだ東京に住んでいたけれど、彼にそんなふうに話したことがある。すると、
「そもそもアメリカでは、テレビのニュースキャスターになりたいという人は、お金にしか興味のない人だといえる。給料がすごくいいから、すぐにアッパーミドルの暮らしができるし、有名になれる。でも、平気で嘘がつけるひと、というのが条件だよ。メジャーのテレビ局や新聞社の報道局というのは、真実を追求していたら勤められない所だよ」と。

その時、日本はそこまでは、、、と思っていたけれど、しかし、このような人たちがいまは日本のマスメディアで活躍しているのかもしれない。
私たち、ひとりひとりが政府だけではなく、マスメディアさえも見張っていなければならない時代になってきたように思う。
そうなると、ひとりひとりがモノ申すよい方法が作り出せないかと思ったりするが、、、毎日ツイッターとにらめっこしている若者たちこそ、ある日、 なにかとんでもないアイデアを創造して、馬鹿げたイジメ戦争の仲間入りをしようとする体制の動きを食い止める力となってくれないかと夢見たりするのだけれど。
[PR]

by keiorihara | 2015-02-22 14:39 | USA | Trackback | Comments(3)
2015年 02月 06日

Love という動詞   <不自由な日本語 6>

a0215638_12342024.jpg
Greenpoint, Brooklyn


a0215638_12325014.jpg
Greenpoint, Brooklyn


a0215638_12322992.jpg
Greenpoint, Brooklyn


a0215638_12321013.jpg
Greenpoint, Brooklyn


a0215638_12345079.jpg
Greenpoint, Brooklyn



日本でも、不気味な時代が始まろうとしている。
日本語の探究も急がねばならない。

さて、<不自由な日本語 6 >

日本語には< I  >とか< You > とかの人称代名詞がないという話を前に書いたけれども、きょうは最も基本的な、動詞の話をしたいと思う。
これは、英語をまともに学んだ人には、かなりバカバカしい話かもしれない。
しかし、英語がまともにできない状態で、とつぜん日常が英語という世界に入って、ああ、英語とはそういうものなのだと、知識ではなく実感をもってわかった英語の話のひとつである。

英語の基本は主語、述語(動詞)、目的語だけれど、それを ”I love you.”という文で説明してみたい。
日本語では愛の告白に、<わたしは>いう言葉は要らない。<あなたを>もいらない。なんて簡単なのだろう。
なのに、どうして言いにくいのだろうか。
英語は、 I  も You も欠けていては文とし成立しないし、意味そのものが成り立たなく出来ている。
まったく、逃れようのない論理性だ。
英語の” I  love you.” は、必要最小限でリズミカル、しかし、きっちりとした文法をもっている。

そして重要なのは、動詞というものの性格のちがいである。
日本語の場合は、愛している、とか、好き、といった言葉は、その時の思いの”状態”を語っていると思う。惚れているとか愛しているという心の状態、好きだという意識、つまり止まっている状態の表現だ。
しかし英語の love というのは、動詞という名のとおり、動きをあらわす。
それは今の心の状態も表しているけれど、それよりも、あなたを愛す、これからも愛していく、という進行形的な動きを表している。

英語の動詞には、この動きがある。動詞は現在から未来へと進行していく。
I love you の love は愛するという動き。今、心が荒れていても、愛してるのかどうかわからないと思っても、相手を大事にしたいと思ったら、I love you.といえる。
つきつめれば、これからあなたをずっと愛していきたい、という気持ち、愛するという覚悟をあらわす言葉といって良い。

日本語では、口げんかしたあとに、愛してるよ、とはなかなか言えないものだ。
ワサワサした気持ちが残っていると、たとえ仲直りしても、すぐには言えないと思ってしまう。
こんな気持で自分はこの人を本当に愛しているかという疑問がわいていたりする。
今の心の状態が穏やかじゃないと言えない。
あるいは、すごくセンチメンタルに流されているとか、性欲がみなぎっている場合は、それどころではなく口走ってしまうかもしれないが、まあこの話の場合は、峠を越した夫婦の話として読んでもらうとわかりやすい。

だから英語人は、夫婦げんかだけでなく、親子げんかのあとでも、兄弟げんかのあとでも、ときには友達同士でも、派手なケンカをしては、えッ? さっきまであんなに激しくののしりあっていたのに、とあきれるほど真剣に抱き合って " I  love You”と言い合ったりする。
これはまさに、愛する、という<動詞>のなせる技だと思う。

だから、毎日彼らはこの言葉を交わし合うのだ。
毎日の、それを自覚する運動となっているからだ。それこそがこの動詞 love の本義であり魔術。
アメリカ人(欧米人と言ってもいいと思うが、よくわからない)の夫婦が、いつまでも家庭のなかで、子どもの親としてだけではなく、夫婦として、女と男として、その関係をすたれさせず、だれさせずにいるのは、行動的な面で努力していることも大きいけれど、英語の魔術的な効用というのもあるのだと思う。
[PR]

by keiorihara | 2015-02-06 17:07 | 日本語と英語 | Trackback | Comments(0)