折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:イスラエル ( 1 ) タグの人気記事


2013年 06月 07日

ウィリアムズバーグのユダヤ人  Hassidim in Williamsburg, Brooklyn

a0215638_416156.jpg
バスの走行中、ものすごく行儀の悪い子どもたち。急ぎ足の男たち。


a0215638_110219.jpg
みな、なぜかすごく急いて歩いている。


a0215638_4131369.jpg
ニューヨークでは八百屋はだいたい韓国人と決まっているけれど、ここではキャッシャーも店番もみなジューイッシュ。


a0215638_421165.jpg
女性は成人すると、または結婚すると、髪を剃ってカツラをかぶる、男はサイドの髪をのばして耳の前にたらす。


a0215638_455831.jpg
わかりやすいカツラの人たち。少年はこんなふう。


a0215638_4121267.jpg
スカートは全員クロ。パンツはダメ。大人は一年中長袖。


a0215638_4135642.jpg
4人の女性に4台の乳母車。同じ髪型に同じ帽子。そして分厚い靴下。


a0215638_415555.jpg
宝くじかと思ったが、金貸しかもしれない。いずれにしろ、暑いのにたいそうな服装でご苦労様。


a0215638_4142432.jpg
ちょっと上等な子供服屋。同じ服や髪型でもセレブなお洒落に見える人もいる。


a0215638_4213712.jpg
ベビーシッターをしている十代の子も、もうすぐ髪を剃るのだろうか?


a0215638_463817.jpg
こういう幸せもこの世にあると信じたい。


たまたまこの写真を撮影した当日(5日)の夜、この地域ウィリアムズバーグにあるユダヤ教オーソドックス(正統派)の高校でおきたことがニュースで話題になっていた。
生徒100人がニューヨークからアトランタに向かって飛び立つ国内線に搭乗後、機長によって100人全員がルール違反を理由に下ろされてしまった、という。
携帯の使用を止めよ、着席してシートベルトを着けよ、という機内放送に従わず、十名以上の生徒が好き勝手に振る舞っていたらしい。機長が客席に行って注意を数回したにもかかわらず従わなかったからという航空会社の言い分に対して、教師が機長の措置は行き過ぎだと反論、ユダヤ人差別だ、というのだ。
それをどの局もニュースにして、喧々囂々だとか。

しかし私はこのニュースをネットで見た瞬間、いちばん上のスクールバスの場面を思い出したのだ。
左端に写っている女の子が友達らしく、その子を呼んで、車内の子どもたちが窓によじ上らんばかりにして嬌声をあげていた。
私はこれまでバス内でこんなお行儀の悪い小学生を見たことがなかったので、びっくりして思わずカメラを向けた。バスは交差点を曲がっている時だから、危険でもある。
以前に、撮影のために公立小学校のスクールバスに乗った経験があるが、車内で大騒ぎしていた子どもたちが、運転手の発車の号令で、一瞬にして席に座り静かになったのを印象的に覚えている。アメリカ人というのは、意外に公共の場でのルールを心得ている人たちである。
だから、このユダヤ学校の子どもたちの光景は異様で、この街の人びとを見てわたしは思ったのだ。子どもたちにとって、家も学校も厳しくて、途中のバスの中だけが解放された空間なのかもしれない、と。
でも、このニュースで、そんな殊勝な考えはやめた。
公共の乗り物の中でルールを守るというのは、ユダヤ教の律法だか戒律にはない、というだけの話かもしれないし、たんに甘やかされているということかもしれないと。

ウィィアムズバーグといえば、今ではブルックリンのトレンディな地域をいうけれど、80年代まではこのようなユダヤ正統派であるハシディズムのコミュニティのことをさしていた。車の中からは何度か見ていたけれど、街を歩いたのは初めてだ。昔のイメージと寸分変わっていない。
オーソドックスの身なりをした人しか歩いていないので、異教徒の私が半袖シャツでカメラを持って歩いたら、よほど冷たい視線でにらまれるのだろうと覚悟していたが、それどころではなかった。
人びとは、異教徒に興味を示してはいけないことになっているのか、まったく私を目に留めない。男たちは、ユダヤ教典を心の中でつぶやきながら(または、iPotかなんかで聞きながら)、まっすぐに足下前方を見つめ、決して右左を見ることがない。私はまるで透明人間になったかのようだ。そして人びとは小声で話す。

恋愛結婚は許されていず、お見合いで結婚する、と何かに書いてあったが、今でもそうなのだろうか。
しかし、お気づきのようにとにかく乳母車が多い。子だくさんだ。また、母親が仕事を持たず育児に専念しているということでもあり、ベビーシッターを雇わず、あるいはデイケアに預けることもしないので、いつも子供を連れて出ることになるからだろう。昔のことを考えると別段驚くことではないが。
女性が髪を剃るのは、髪が女性の魅力の象徴だから、それで男を惑わせてはいけないということらしいが、みながみな同じ色のカツラをかぶって、そのうえさらにスカーフやら帽子をかぶるのだから、わけが分からない。でも、宗教の戒律であり、伝統なのだ。夜、夫婦一緒に寝る時はどんな髪型なのだろうと思う。

ところで、この地域のユダヤ人は、第二次世界大戦前後にホロコーストから生き残り逃れて来た、多くがハンガリー、ルーマニア出身の人たち。
この地域に約57000人いる、このハシディック派のユダヤ人(Hassidim)はまた、イスラエルを建国したシオニズムに反対するグループである。
神が自分たちに流浪を与えているのだから、その神の命に反して、人為的に、そこにいた人たち(アラブ人)の土地(パレスティナ)を奪って、新しい国を建国すること自体、まちがっていることなのだと。
何だか、まっとうなのである。
アメリカでのジューイッシュの経済的成功者の多く、あるいは金融資本を握っている多くがシオニストであり、軍事国家イスラエルを支えていることを考えれば、宗教のもつ、内側に向かう力と外側に向かう力の、どちらに対してもの大きさに、やりきれない気持ちになってしまう。
[PR]

by keiorihara | 2013-06-07 08:48 | Brooklyn | Trackback | Comments(10)