折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ブルックリン ( 6 ) タグの人気記事


2016年 03月 17日

サラダボウルのニューヨーク

今回が、<ニューヨーク写真日記>の最後の更新となりました。
ニューヨークから、別世界のロサンゼルスに移り住み、いまはまた、まったく異なるテーマで写真を撮りまくっていますが、新しいブログを始めるにはやはり、しばしの時間が必要であるように思います。
最後の回の更新を何故か無意味にのばしてしまいましたが、ごちゃまぜのニューヨークで締めくくろうと思います。


a0215638_14354664.jpg
Sunnyside, Queens
夜遅くまで頑張るGyro(ジーロ、ギリシャの屋台料理)の車。懐かしいサニーサイドの情景です。Halal Food (イスラム法にのっとった肉など)を売りにしていますが、すべての人種に人気。


a0215638_14341864.jpg
Astoria Park, Queens
マンハッタンを見晴らす公園はブルックリンにも数あれど、この雰囲気はやっぱりクイーンズ。アメリカっぽくない人たちが、かっこ良くもなく、なにかとてもフツーにしている。


a0215638_224936.jpg
Park Slope, Brooklyn
この感じはやっぱりブルックリン。


a0215638_231788.jpg
Harlem, Manhattan
ハーレムも再びルネッサンスです。ソウルフードのお店。


a0215638_14114019.jpg
Hudson River side-West village, Manhattan
これはやっぱりマンハッタンですね。


a0215638_232846.jpg
Roosevelt Avenue, Queens
そして、これぞクイーンズ。


a0215638_24510.jpg
Astoria, Queens
奥が深いクイーンズ。クリーニングと洋服お直しの店。


a0215638_242072.jpg
Sunnyside, Queens
何でもあるクイーンズ。彼とこの毛布は一体化しているような。。。


a0215638_251637.jpg
Forest Hills, Queens
どこでシャッター押してもかっこつかない感じ、これぞクイーンズ。


a0215638_14144550.jpg
Williamsburg, Brooklyn
う~む、ブルックリン、やはり。


a0215638_243863.jpg
Queensboro Plaza, Queens
白人がわずかしかいない7番線。半分以上の居住者が外国生まれのクイーンズ。


a0215638_9131768.jpg
Woodside, Queens


[PR]

by keiorihara | 2016-03-17 07:55 | New York | Comments(2)
2013年 07月 19日

北ブルックリン  North Brooklyn

a0215638_14545964.jpg


a0215638_14553516.jpg


a0215638_14562691.jpg



a0215638_1457385.jpg



a0215638_14573572.jpg



a0215638_1458119.jpg



a0215638_639754.jpg



a0215638_145989.jpg



a0215638_14593592.jpg



書きたいことがいろいろあるのですが、写真を並べると、どうしても書き始められません。
そんなこんなで逡巡していると、写真が山のように溜まって、どうして良いか、ますますわからなくなって行く。
その悪循環で、更新がしばらく遅れてしまいました。
サニーサイドガーデンの緑の中で一休みしてしまったのがたたっています。
とりあえず今日はこれを更新して、言葉はまた明日。
[PR]

by keiorihara | 2013-07-19 15:03 | Brooklyn | Comments(2)
2013年 05月 29日

たまにはブルックリン  Brooklyn

a0215638_802536.jpg



a0215638_805034.jpg




a0215638_7565832.jpg




a0215638_7571691.jpg




a0215638_8134415.jpg




a0215638_7575871.jpg




a0215638_7594180.jpg




a0215638_7573523.jpg



クイーンズから地下鉄に乗って、ブルックリンに入った一駅目グリーンポイントアヴェニュー。
そこで地下鉄から出て、歩き始めました。
庶民的で少し荒れた町並みとアパート群ですが、なぜか、ブルックリンに入ったとたんにブルックリンという感じがするのです。
ブルックリンと言えば、「スモーク」や「ブルックリン最終出口」のクールな映画、凄い映画を思い出しますが、どこかやさぐれている感じが若い人たちを引きつけるのでしょう。
でも、ここも、人種、民族的に住み分けがクイーンズよりもさらに強くあるようで、歩き始めたらまた際限がなくなるので、そろそろクイーンズに戻りましょう。
[PR]

by keiorihara | 2013-05-29 06:29 | Brooklyn | Comments(2)
2012年 12月 18日

ウィリアムズバーグ Williamsburg, Brooklyn

a0215638_158934.jpg



a0215638_1592453.jpg



a0215638_1574745.jpg



a0215638_1582120.jpg



a0215638_15832100.jpg



a0215638_1585440.jpg



a0215638_1584329.jpg



a0215638_159734.jpg


ブルックリンのトレンディな街ウィリアムズバーグ周辺に行くと、どうしてもファッショナブルなお店や若者たちに目が行き、そのようなものを撮り始めると、何というかつまり、ニューヨークはトレンディでカッコいいものを撮り始めると際限がないのです。

この写真は、写真を撮ろうと思ってこの地域ウィリアムズバーグを歩いたわけではなく、用があって歩いたついでにシャッターを切ったものですが、ほんのちょっとの距離、わずかな時間で、荒手のアーティスティックな情景がどんどん撮れてしまう。
だから、なるべくファッショナブルやらトレンディな人たち、お店なんかを避けて、でも街の感触がわかる、そんなふうにシャッターを切っていました。

80年代のイーストビレッジのようなかっこ良さと似たものがあるのですが、ちょっと違う。そのころのイーストビレッジには、商業主義はほとんどなかったし、リッチな人や観光客など1人も歩いていなかった。
しかしここはもはや、家賃が安いから住みはじめたアーティストよりも、アーティストがいるから、ファッショナブルなお店があるから、どんなに高くてもこの辺に住みたい、といったトレンディ好きの人たちの町になっているような気がします。(実際、このあたりはマンハッタン並みに家賃が高い)

今では、クイーンズのあの平凡さ、フツーさ、貧しさ、なんかのほうが、わたしにとって新鮮なニューヨークで、シャッターを切る意欲を起こさせるものです。
かっこ悪いもの、というのはそんなに簡単じゃないからです。
[PR]

by keiorihara | 2012-12-18 01:32 | Brooklyn | Comments(1)
2012年 06月 28日

ブルックリンの入り口  Entering Brooklyn

a0215638_1219223.jpg



a0215638_12202154.jpg



a0215638_1221310.jpg

クイーンズからほんの少しブルックリンに入っただけで、なんだか様子が違う。
グラフィティ(落書き)のレベルがグンと上がる。
この男たちは悪い人たちではなさそうですが、一癖ありそう。
ときどきはブルックリンを歩くのも悪くないですね。

a0215638_12392865.jpg

真ん中に見えるのは川向こうのマンハッタンのビル。
マンハッタンは空前の観光ブームで、どこも人で満員。あふれた人たちがブルックリンに押し寄せていますが、それもほんの一地域。
このあたりは30年前と何ら変わらない街のたたずまいで、いい感じです。
[PR]

by keiorihara | 2012-06-28 13:58 | Brooklyn | Comments(0)
2011年 09月 07日

West Indian American Day Carnival

a0215638_12525658.jpg

a0215638_1545192.jpg

a0215638_1251492.jpg

a0215638_12551589.jpg

a0215638_130828.jpg

a0215638_1662974.jpg



きょうはちょっと、ブルックリンの話。

毎年9月最初の月曜日のLaybor day(労働者の日)に、ウェストインディアンカーニバルのパレードが、ブルックリンの真ん中にあるイースタンパークウェイで行われる。 カリブ海出身の黒人たちのお祭りだ。
30年前に写真を撮りにいったので、いまはどうなっているだろうと思い見に行った。
そのころはカリプソやサルサが全世界的に流行っていたし、音楽はラテン一色だった。大型トラックに1バンドずつ乗り込んで、その上でみな生演奏をしていた。
両側6車線+両側に並木+かなり広い歩道、その広い道2、5キロ余を埋め尽くす人の数にただただ驚嘆した。

そして今年、私の危惧は、もうラテンブームじゃないし、、、というものだったけど、行ってびっくり、さらに凄まじい人の数。
30年前にもその数を把握しようといろいろ新聞をかき集めて調べたが、ほとんど記述がなかった。
その年は発砲騒ぎで一人死んだので、そのことが小さなニュースとして出ていた。その新聞が、推定50万人と書いていた。

11時に開始されたパレードだけど、わたしは2時過ぎに行った。パレードはエンドレスにつづいていた。
決定的に違ったのは、音楽がヒップホップ1色になっていたこと。生演奏はなく、その音響は心臓が叩かれているような凄まじいボリュームだ。
それから国別の意識がかなり強くなっていること。いたるところで国旗と国旗をデザインしたスカーフやTシャツ、小物類が売られていた。Antigua&Barbuda(何と美しいデザイン!) とかBarbados とか、どこにあるんだという島々から、PanamaだのVenezuelaだのの中 南米の国まで、とにかくカリブ海とラテン系の国からきた黒人たちとその子孫が集まっているのだ。

今回パレードの道を端から端まで歩いてみて、とにかく加者数を数えることは不可能なのだということがわかる。
私の印象は、50万人どころではない、というもの。ニューヨークには200万人の黒人が住んでいる。
今年のあるネットのニュースでは、パレードにて47人負傷、(どうやらだれも死者は出なかったらしい。)参加者数15万人。
とんでもないと思う。

人種差別とはこういうことだ。どう考えてもニューヨークで最大のお祭りなのに、ニュースにもトピックにもならない。ほとんどの人はその存在さえ知らない。ゲイパレードなんて、何百人でもニュースになるのに、50万人でも、百万人でも黒人は無視なのだ。
だとしても、当事者たちにとって、白人やら他の人種が来てくれても別に嬉しくもないのかもしれない。
口コミで50万人やらの人が集まり、ものすごい数の土産物屋やカリブ料理のテントはみな個人営業の手作りで、まったくみごとに商業化していないお祭りなのだから。
[PR]

by keiorihara | 2011-09-07 16:28 | New York | Comments(0)