折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ヤマト王朝 ( 1 ) タグの人気記事


2013年 02月 24日

サニーサイドの夕暮れ   Evening in Sunnyside

a0215638_1440335.jpg



a0215638_14391629.jpg



a0215638_1438573.jpg





きょうは、一冊本を読み終えて、ズッシリときているところです。

ヤマト王朝―天皇家の隠れた歴史

スターリング シーグレーヴ / 展望社



『ヤマト王朝』という本ですが、最初”The Yamato Dynasty"という原書を、友達から借りて読み始めていたのですが、数ページのうちに頭が痛くなり、日本の固有名詞を英語で読むこともないや、と言い訳をして、日本語訳の中古をアマゾンで手に入れました。

明治から戦後と現在にいたるまでの、皇族の生き様、やってきたことの歴史を書いたノンフィクションですが、昭和天皇裕仁のひととなりと戦争責任についても、皇族の戦争に果たした役割についても、ああやっぱり私が考えていたことはまちがっていなかった、と思ったはるかにそれ以上のことがこの本には書かれています。
著者はスターリング•シーグレーヴとその妻ペギー。訳は「ヤマト王朝」刊行委員会。訳者の名前が伏せられていて、いかに皇室が日本のタブーであるかを物語っています。

マッカーサーがやったこと、それが日本の戦後の今に至るまでにもたらしたもの、民主主義とはどんなことか未だにわからない国民がどうして生まれたか、どうして強力で時代錯誤的な官僚体制と政治家の猿芝居がこの国ではいつまでも続くのか、そもそも天皇制とは何か、一つのことを深く掘り下げているわけではないけれど、福島原発のことにもつながる、つまりたくさんのことがつながってくることが書かれていて、日本の今を考えるのにも、とても興味深い本なので、ぜひ、皆に読んでほしいと思う。

アメリカにいると、日本の皇室関係の本はとても目立ちます。
表紙がこれで、書店の平台に並んでいると、嫌でも目に飛び込んできます。
この本は1999年出版ですから、だいぶたっていますが、数年前に大型新刊書店の平台で見ていたものです。売れつづけている本なのです。

そして、こういう本がベストセラーになるのです。ニューヨークタイムズの新刊書欄に6週間連続でベストセラー入りをしています。もしかしたら、総数で行くと、アメリカ人のほうが日本の皇室のことをよく知っているかもしれません。

なのに日本人は、避けてしまいがちですね。
南京事件(南京大虐殺)についての本もしかり。(この話はまたあとで)
日本人ばかりが ”井の中の蛙” で、自己愛過剰で、アジアの中でも孤立してしまうのが目に見えています。
[PR]

by keiorihara | 2013-02-24 11:36 | Queens | Comments(0)