折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ラティーノ ( 3 ) タグの人気記事


2013年 10月 11日

コロナパーク Flushing Meadows -Corona Park

a0215638_1654192.jpg



a0215638_16131378.jpg
地球儀は、ここで開催された1939ー1940年のニューヨーク万国博のときに建てられたもの。


a0215638_16125392.jpg



a0215638_16743100.jpg



a0215638_1683131.jpg



a0215638_1681120.jpg



a0215638_16133671.jpg



a0215638_16134770.jpg



スコット フィッツジェラルドは、かの『グレート ギャツビー』(1925年)のなかで、ニューヨークと彼らが住むロングアイランドの高級住宅街の中間地点にあるこの低湿地Flushing meadowを、灰の谷A valley of ashesと呼んだ。
灰色の農場、灰色の家、そこにうごめく灰色の人間たちは彼らとは相容れない世界のもの。多分、いまでも車や鉄道で、あるいは軽飛行機でそこを通過する人たちの階級感は変わっていないだろう。
ただ、違っているのは、その世界はいまとてもカラフルだということ。

コロナパークは、3.63平方キロ、湖が3つあって、セントラルパークよりも広い。
そして野球場ではなくサッカー場が10面以上、スケート場、テニスコート、ゴルフコース等々と、ただで自由に使える大人の遊び場がふんだんにある。
なぜサッカー場かといえば、わたしが歩いてみた限り、ここに来ているほとんど、または9割以上がメキシコ人をはじめとするラティーノ(ヒスパニック)のようだから。
残りはアジア人で、白人や黒人のアメリカ人を日曜日の人出の中で見ることはなかった。
[PR]

by keiorihara | 2013-10-11 14:04 | Queens | Trackback | Comments(3)
2012年 09月 30日

近所のお店  Store Fronts

a0215638_444783.jpg


誰の目にも留らないようなささやかで貧しげな店。誰が何を買うのだろうか、と思ってよく見ると、意外と気遣いがある。
一房のバナナ、一本の人参、マンゴ、ソーダ、コーヒー、ビール、切らした石けん一つ。必要なものは何でもあり。
小さな子供が小遣いで買えるようなもの。親がわずかなお金で子供に買ってあげられるもの。
親のお手伝いで使いたくなるような箒、、、。
クイーンズには、こういうチェーンではない昔ながらのコンビニエンスストアが多すぎるくらいそこら中にあって、ちゃんと生きている。


a0215638_6412443.jpg
インド人経営のコンビニ。まさに隙間を埋め重なり合う宣伝飾りはインド人の真骨頂。



a0215638_654785.jpg
ウィンドウに吸盤でつるしてあるのは、宝くじ? と思ったら、各社の電話カード。
アジアだのコロンビアだのガイアナだの書いてある。
国際電話契約をしていない(あるいはパソコンももっていない)人のための便宜的なものらしい。ちょっと、泣けてくる。



a0215638_1055834.jpg
これは酒屋。キリスト教の強いジョージア州では、安息日の日曜日には、酒屋は当然ながら、スーパーでビールさえも買えなかったが(ビール、ワインコーナーは消灯して、鎖で閉ざされていた)、ニューヨークは、この店も週7日営業。


a0215638_1062446.jpg
ラティーノ(中南米系)の食料品店。


a0215638_107317.jpg
オーナーはバングラディッシュ人。中東系のモノが多い。


a0215638_1073025.jpg
さほど高価ではないけれど上等なこんな子供服の店もある。どちらにしても出身国を感じさせるお店ばかり。
ヨーロッパ系は、東ヨーロッパかアイルランドといった周縁国。トレンディと関係ない世界の落ち着きとシックさがありますね。
[PR]

by keiorihara | 2012-09-30 13:39 | Queens | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 31日

クイーンズって東京でいうと何区?  Sunnyside, Queens

a0215638_4285730.jpg
Street Fair on Greenpoint Avenue, Sunnyside

a0215638_4251743.jpg
Street Fair on Greenpoint Avenue, Sunnyside

a0215638_4281577.jpg
Sunnyside



コメントに、クイーンズって東京でいうと何区って感じですか?  という質問があり、うーん何区だろうとさんざん考えたのですが、何区のどこと何区のどこを足して、、、と思っても、やっぱり、ぜんぜんちがう。。。 似たとこなんてぜんぜんないのです。

都市の構造がぜんぜんちがっている。マンハッタンを除いて、金持ちは遠い遠い郊外に住んでいます。マンハッタンからたくさんの郊外急行路線が走っていて、それは、そこに住んで通勤している人でないかぎり絶対に乗らない電車なのです(つまり駅に自分の車が置いてないかぎり、電車を降りてもどこにも行きようがないからです)。また、クイーンズの先のロングアイランドには10の空港があります。自家用飛行機を持っていなければ使わない空港が10もある。
クイーンズには、よほど奥の方や歴史保存地区などに行かなければ金持ちはいないでしょう。多くの世帯は質素なたたずまいで、車はありますがどこの道にも無料駐車できる。しかし、どこよりも治安がよく、フツーで、便利です。

住んでいる人の構成がちがう。
ご存知のように、ニューヨークは移民の玄関港として都市が発展してきたところです。

クイーンズの人口は225万人(2011年)ですが、その約半数が外国生まれの人なんです。人口の半分が外国人というのはすごいですよね。そしてここでは、138の異なった言語が話されているそうです。
しかも、とくに中南米出身や中国や韓国や、、、インドやエジプトや、、、と書いていたらきりがありませんが、移民の多い国から来た人たちは、国別あるいは言語圏別移民たちで、自分たちのコミュニティをつくり助け合っている。
自分たちの銀行をつくり、学校をつくり、NPOの社会サービス組織をつくり、、、その中で行動するかぎりは英語が下手でも生活や商売ができたりします。
その中で生まれた2世は、生まれながらのアメリカ市民にもかかわらず、そういう家族や親戚に囲まれて育ち、多くの人は家族のなかでは母語を使っている。ネイティブ英語が聞こえてこないはずです。

ところで合衆国の、1960年から2008年までに流入した移民4000万人のうち、その半分が中南米出身のラティーノ=ラテンアメリカ系(ほとんどはメキシコ人などのスペイン語を話すヒスパニックだけれど、ハイチやブラジルなどの他言語圏を入れてラティーノという)。
多くが、けっきょくアメリカの帝国主義的介入によって、つまり戦争をさせたり、武器を独裁政権に渡したり、経済コントロールしたりして、追いつめられて国を出た人たちです。そしてアメリカは彼らを最低賃金労働者として必要として来たのです。
1970年代にはたったの4%だったラティーノですが、2050年には合衆国の3分の1の人口がラテンアメリカ系でしめられることになるといわれています。もちろん、NYはすでに3人に1人以上がヒスパニックですが。

そう思って写真を見ると、わかりやすいかもしれません。
[PR]

by keiorihara | 2012-05-31 10:29 | Queens | Trackback | Comments(1)