折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:中南米 ( 2 ) タグの人気記事


2013年 03月 12日

コロナ 2   Corona

a0215638_12191523.jpg
地下鉄7番線の高架下。
高架の真下を走るローズヴェルトアヴェニューは、終点のチャイナタウンまでずっとヒスパニック通りですが、このあたりはアフリカンアメリカンの中産階級の良質の落ち着きと、穏やかな低中級のヒスパニック住宅地とが混じり合っていて、かえってディープな雰囲気を醸し出します。

a0215638_1440418.jpg
アカ抜けないけれど、赤くて熱いヒスパニック。


a0215638_14293357.jpg
地下鉄高架下の教会。
ヒスパニックのカソリック教会が、明るいのか暗いのか。彼らのミサに同席したことがありますが、その哀感よりも、騒々しい人びとという印象が勝ってしまうのはなぜでしょうか。


a0215638_14302536.jpg
111St. stationそば。



a0215638_14383032.jpg
111St. 駅.
高架に上がって改札に向かう。こういう場所の思い出があるわけじゃないのに、何だかなつかしい。


a0215638_14404113.jpg
111St. のプラットフォームからビルの屋上を見る。


a0215638_14391755.jpg
111St.駅の階段踊り場から。
映画みたいだなあ、と思う。
でも、見ているものが違えば、誰もこの風景が映画のようだなんて思わないのだろう。


ヴェネズエラのウゴ•チャベス大統領のお葬式が3月8日に執り行われました。
産油国であり、巨大な格差を壊そうとはっきりと反米路線を打ち出して低所得層の圧倒的な人気を得ていたラテンアメリカのリーダー。 
憲法改正をして大統領三選(前の憲法では二回まで)を勝取り(ちょっと独裁的に聞こえますが、民主的な手続きを踏んだ上でやっていることです)、社会主義革命を目指して、今自分がやらなければ誰がやる、アメリカに支配され続ける中南米であってはならない、という熱い思いは人びとを動かしました。
しかし3回目の就任式も果たせずに、58歳という若さでガンで亡くなったのです。ちょっと泣けてしまいました。
デモクラシーナウ! Japan
[PR]

by keiorihara | 2013-03-12 08:12 | Queens | Comments(2)
2011年 10月 03日

Hispanic 通りーRoosevelt Avenue

a0215638_4292279.jpg
そば屋ではなくピザ屋。ワンスライス1ドル

a0215638_1540112.jpg
どこまでも派手な聖母マリア

a0215638_1665653.jpg
見るからにたくましい移動ランチ屋
a0215638_15255881.jpg
日曜の午後のお父さん
a0215638_15283654.jpg
それどころではないお母さん

a0215638_15294167.jpg
真ん中の黒いのは?

a0215638_15242599.jpg
大都市の真ん中でこんな光景はもはや懐かしいですね

a0215638_1527435.jpg
地下鉄乗り場に上がる階段から


クイーンズの地下鉄7番線の線路の下を走るローズヴェルトアベニューは、両側約5キロにわたって延々ヒスパニック系の商店がならぶディープなエリアだ。
ヒスパニックというのは、旧スペインの植民地であった中央アメリカ、南アメリカ出身の、スペイン語を話すアメリカ合衆国に住む人たちの総称で、ラティーノともいう。人種的にはインディオから白人に近い人までの人種混交のかなり広いグラデーションがある。
彼らは、広範囲のさまざまな別の国から来た人たちにも関わらず、同じ言語を話し、同じ宗教を持っている。
そして、かなり似通った食事をし、かなり似通った生活習慣を持っている。これらの違いは国の違いより階級差の方がずっと大きいだろう。

2010年の国勢調査の人種、カテゴリー別統計によると、ヒスパニックの人口は、合衆国総人口3億1千万人に対して4千8百万人。
1970年にはヒスパニックは960万人だった。人口増率がUS全体が6 .1%に対してヒスパニックは24.3%で、これでいくと2050年には1億人を超えるらしい。(流入者も多ければ、産む子供も多いのだ。)
いちばん多いのはメキシカンで64%。プエルトリカンが9%、キューバ3.4%、ドミニカン2.8%、あとはそれ以下の中南米のすべての国。

ニューヨークに関してはすごい。
ニューヨーク市830万のうち、ヒスパニックは230万人。
マンハッタンは3人に一人、クイーンズはそれ以上、ブロンクスとなればヒスパニックの方が多い。
平均を下げているのがブルックリンだが、ここには中南米(とくに多いのは西インド諸島)に奴隷としてつれてこられた先祖を持つ黒人たちが大量に住んでいて、彼らはスペイン語を話す中南米出身にもかかわらず、自己のアイデンティティを黒人、あるいはアフリカンアメリカンとして見いだすために、ヒスパニックの数になっていない。
 ドミニカ共和国で生まれた中国人で、母語がスペイン語でアメリカにやってきた人は、自分をどう規定するのだろう。
やはり、Asian (エージアン) となるのだろう。

今日は数の話ばかりですみません。ヒスパニックについてはまた改めて。
[PR]

by keiorihara | 2011-10-03 07:07 | Queens | Comments(0)