折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:公園 ( 1 ) タグの人気記事


2013年 11月 30日

またまたSunnysideー公園について

a0215638_13344383.jpg


a0215638_7501667.jpg
公園でダンスの練習をするバングラディッシュの若者たち。
聞くと、友達の結婚式で花嫁花婿を迎えるための踊りだそうで、長い時間、飽きもせずにリハーサルをくり返していました。もちろん、そこに大人がいるわけでもなく、かなり楽しそうでありました。

a0215638_7524230.jpg
ビールの空缶が山になっていますが、この量はどうしても理解ができません。

a0215638_753476.jpg
サニーサイドのような平凡な街でも、ブロックごとに謎の光景があります。



日本ではとんでもないことが起きていますね。
多数決が民主主義と教わったまま、論議を尽くす方法を教わらなかった戦後民主主義の平和ボケのツケでしょうか。

アメリカにいて、思うことはたくさんあるのですが、身近なことから話すことにします。
たとえば、若者たちがダンスの練習をしていた写真から思いつきましたが、ウチの近くの公園の話。

ニューヨーク市が管理する公園は、私のアパートメントから3分と10分歩いたところに二つありますが、どちらもバスケットボールや壁打ちテニス程度のコートや野球場などが、早い者勝ちでタダで借りれ、大人たちがけっこう遊んでいます。
それからドッグランと、もちろん子供の遊園地。
どこにも、周辺にはたくさん木製のベンチがあります。ベンチのまわりには大きな落葉樹があって、夏は緑の下で読書ができるし、冬はひなたぼっこができるのです。子供を連れて来た親たち、ベビーシッターたちは、皆ベンチに座って、子どもたちの様子を見張っています。
あるコーナーには石でできた無骨なテーブルがあります。ここでランチをしたり、勉強している人たちも見かけます。

ところで、これらの公園には、毎朝、一人か二人のユニフォームをつけた掃除人が来ます。すごくにこやかに挨拶をかかさない人もいれば、無愛想な人もいます。それはどうでも良いことですが。
問題はここ。
これらの公園には、やはり時折ホームレスと思える人が、ベンチに横になって寝ています。
なんか臭いなと思うと、そのような人がいるのです。でも、掃除人たちは決して彼らを起しません。
起さないように、そうっとまわりを掃いています。私は鼻が敏感なので、となりのベンチに座りませんが、案外みんな平気で座っています。ホームレスにも公園を使う権利があるのは言うまでもありません。

東京の実家の近くの公園には、幼児のための遊具はたくさんあるのに、ベンチが一つもありません。小さくて二人座るのがやっとで、大人が座ると壊れそうなベンチが砂場の横に一つあるだけ。ホームレス対策だと聞いています。
しかし、幼児を連れて来たお母さん、いや昨今はおばあさん、おじいさんが多いに違いありません、いったい子供が遊んでいる間中立っていろというのでしょうか。
周辺に美しい桜の木が植わった広い公園に、いつも人っ子一人いません。誰も遊びにこないのです。幼児が来ないのなら、小学生にボール遊びくらいさせてやったらどうだろうかと思います。均一整地された公園の真ん中はだだっ広く空いていているのに、ボール遊びさえ禁じている。
市立で公共サービスのための公園だけど、形だけで心がないととても思います。
いろんなことが形だけ。日本について、しばしば思うことの一つです。

(もちろん、思いやりがあると思うこともたくさんあります。たとえば東名高速などのサービスエリアのトイレは過剰なほどのサービスです。これは、消費に対するサービスですね。過剰なほどの消費に対するサービス。あるのはそれです。観光地もしかり。お金を払ったことにはサービスがある。アメリカでは消費にサービスはついてきませんが)
[PR]

by keiorihara | 2013-11-30 16:07 | Queens | Trackback | Comments(1)