タグ:地下鉄7番線 ( 5 ) タグの人気記事


2014年 06月 21日

地下鉄7番線

a0215638_12422736.jpg



a0215638_1243536.jpg



a0215638_1245775.jpg



a0215638_12452215.jpg



a0215638_1246033.jpg



a0215638_12534653.jpg



a0215638_12461911.jpg

タイムズスクエアからまっすぐ東に走って、イーストリバーを超え、クイーンズの真ん中をさらに東にまっすぐ走る地下鉄7番線。
7番線は乗客の5人に一人くらいは東アジアの顔をしているはずなのですが、夏のシーンにどういうわけか写真が見つかりません。

2番目の写真に背広にネクタイ姿の人が居心地悪そうにいますが、地下鉄でビジネススーツの人を見るのは通勤時間でもほとんど皆無で、これも未だ解明できないニューヨークの謎の一つです。
この人は、その日たまたまクイーンズでイベントかなんかがあって、タクシーがつかまらず、時間が心配で地下鉄に飛び乗ったのでしょう。キャンペーンだかのバッジをつけています。いわゆるビジネスマンではないのでしょう。だって地下鉄に乗っているのですから。

最近、7番線もついに新車両が導入されましたが、ほかの線の車両と比べて、蛍光灯がすごく明るく仕立てがいまいちもっさり、と思ったら、日本製でした。車両にちゃんとMade in Japanと書いてあったのです。
[PR]

by keiorihara | 2014-06-21 14:18 | Queens | Comments(2)
2012年 08月 15日

記憶の中の風景

a0215638_0361141.jpg
Sunnysideを走る地下鉄7番線

a0215638_0362727.jpg
Sunnyside 46St-Bliss St駅の近く

アメリカにいてとくに際立つのは、ある風景を見た時の、「懐かしさ」の感覚だ。
ジョージア州アセンズにいたときも、ニューヨーク市クイーンズにいる今も、何かを見ている時に、自分の記憶の引き出しにしまっている風景、光景を、そっと開けて見ているようなところがある。
東京にいるとそうはいかない。子どものころや青春時代に琴線に触れた風景、質感、空気に触れることはほとんどないと言ってよい。それほどに日本は変わってしまって、昔の面影を偲ぶものがほとんど無くなってしまっている、と思う。それともあるいは、経験や記憶がずっとつながっているから、だからなのだろうか。

記憶には、生な体験による記憶と、映画や小説などによる疑似体験の記憶がある。
もしかしたら、アメリカの街角や家などのたたずまいにことさら懐かしさを感じるのは、子どものころにあって今は日本にないアメリカ建築の様式や質感だけでなく、若い頃に見たアメリカ映画などによる疑似体験かもしれない。

今懐かしさを感じたのは何によるのだろうか、以前にこんな風景を見ていただろうか、もしかしたら映画だろうか、そんなことを、アメリカにいるとよく思う。



a0215638_0363710.jpg
46St-Bliss St 駅前からエンパイアステイトビルを望む
[PR]

by keiorihara | 2012-08-15 17:37 | Queens | Comments(0)
2012年 07月 31日

ある日の地下鉄線から   From the Subway Line in Queens

a0215638_6394725.jpg
Long Island City


a0215638_6393064.jpg
Long Island City


a0215638_6391236.jpg
46 St-Bliss St Station, Sunnyside
[PR]

by keiorihara | 2012-07-31 06:53 | Queens | Comments(0)
2011年 10月 15日

インディアン街 Jackson Heights

a0215638_13574718.jpg


前回、ヒスパニック通りというタイトルで、地下鉄7番線の高架の下を走るルーズベルト アベニューを紹介しました。
このインディアン街とも呼べるジャクソンハイツは、この7番線の真ん中にある乗換駅なのですが、このあたりはヒスパニック色が一掃され、駅前一帯はインド系にタイや韓国や中国の店もまじりあってたいへんディープな地域です。

インド人のお店が立ち並ぶインディアン ストリートと私が勝手に呼んでいるところを日曜日に歩くと、まるでインドさながら、バクシーシの子どもたちに何人も出会います。
インド人移民は教育が高い人も多く、とくに医者、コンピューター関係、あるいはさまざまなビジネスで、豊かな暮らしをしている人も多く、ここには高級住宅街も広がっているのですが、本国と同じように、階層の開きは大きいのだと思います。

この写真、駅の小さい方の出口に箱をおいて座っているおじさん、そう、バクシーシです。
それからここにはこんな表立った店ばかりではなく、アパートメントの部屋や食卓に人を入れて、いろんな占い、マジックを商売にしている霊感や才能を持った人たちがたくさん隠れているのです。やっぱりディープですね。


a0215638_14285972.jpg

a0215638_1434047.jpg

a0215638_14353589.jpg


a0215638_1430257.jpg
a0215638_14372626.jpg


a0215638_1438591.jpg

a0215638_14423958.jpg

[PR]

by keiorihara | 2011-10-15 00:00 | Queens | Comments(0)
2011年 10月 10日

7 lineー 地下鉄7番線

a0215638_1414647.jpg
Sunnyside−46 St Bliss St 駅


マンハッタンから東へ、イーストリバーの川底のトンネルをくぐるとクイーンズ。グランドセントラル駅から一駅です。
クイーンズでは地下鉄がおおかた高架になっていて、車中からすばらしい(=すさまじい)風景を眺められるのが、クイーンズで地下鉄に乗る唯一の楽しみです。

ニューヨークの地下鉄とバスはすべて市営で、とくにバス路線はニューヨーク中張り巡らされていて感心しますが、100年以上も断固として改築どころか改装すらしない地下鉄駅や階段には、本当に驚いてしまいます。
なんとかしてよと思いますが、でも奇麗なところを歩くという快適さと引き換えに、失うものは大きいのだろうなと思います。
これがニューヨークの質感で、この質感こそが東京とニューヨークを決定的に違わせているものだからです。

そういえば7番線の話でした。
そういう地下鉄駅から7番線に乗ると、さらに時代を超越してしまうのです。
ニューヨーク中から古い車両をかき集めたのか、もしくは70年代からずっと使いつづけているのか、どの電車も古い。
そして、そんな電車に、数えきれないほど多くの聞き慣れない異国の言葉が飛び交っているのです。
わたしは所属というものを完全に失くして、さらに透明人間になったような心地です。

ともあれ改札口から階段を上り、今日のエンパイアステートビルを見たくてプラットフォームの先端まで行き、広い大きな空を眺めるときの気分はまんざらでもありません。
エンパイアステートビルというのは、世界に比類のない堅実な美と中心性をもった建物なのだとつくづく思います。

a0215638_1724084.jpg
Sunnysideー46 St Bliss St 駅


a0215638_1513412.jpg
Long Island CityーQueensboro Plaza 駅

a0215638_15214897.jpg
Long Island Cityー G Lineの駅 Court Square 駅 を7番線から見る

a0215638_15261494.jpg
Long Island Cityー33 St Rawson St 駅
a0215638_1524651.jpg
Sunnysideー40 St Lowery駅
a0215638_17223936.jpg
Sunnysideー46 St Bliss St 駅
a0215638_793835.jpg
Sunnysideー40 St Lowery St 駅
[PR]

by keiorihara | 2011-10-10 00:00 | Queens | Comments(0)