折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:墓地 ( 1 ) タグの人気記事


2014年 01月 06日

雪の墓地

a0215638_1111368.jpg
Calvary Cemetry

1月3日、朝起きると雪が降り積もっていました。
お天気はよく、でも寒そうなので、外の気温が上がってから外に出ようと待って、いちばん暖かそうな時間に外に出たのですが、零下11℃でした。
雪の白がただ美しく、家からどんどん商店街やら住宅街を離れて歩きました。
カソリックのカルヴァリ墓地の周囲をぐるりと歩き、正面入り口に入って行きました。
何と、雪かき車がこんなにきちんと道を整地しているではありませんか。
寒さで雪は溶ける様子はなく、細やかな粉雪はちょっとした風に、吹雪のように舞い上がるのです。
思い出したのは函館のトラピスト会女子修道院を訪ねた日の雪景色。
粉雪が吹雪いて先が見えないくらい杉木立がまっすぐ続いていました。


a0215638_1105690.jpg

カルヴァリセメトリーは、1.5平方km。
300万体が土葬されている、全米でもっとも埋葬者の多い墓地だそうです。


a0215638_1102366.jpg
こんな日にお墓参りをする人がいるのです。
お墓の中で寒い思いをしているのじゃないか、と、いても立ってもいられない気持ちになったのでしょうか。
すれ違った時の気配で、そんな感じがしました。
左手に何か重みのあるものを持っていました。


寒気の中を2時間ぐらい歩いていたので、さすがに足指が感じなくなるどころか、鋭く痛み始めました。
しかし、シベリアの零下40℃というのはどんな寒さなのでしょう。
先日読んだ本を思いました。

『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』辺見じゅん著(文春文庫)
戦後ソヴィエトに抑留され、厳寒と重労働と飢餓、そしてくり返される拷問の中で、ひとりの男(山本幡男)が俳句や短歌を教え、勉強会を開き、、、
俳句や歌や詩をこんなに泣きながら読んだのは初めてです。
ヒューマニティ(人間性。人間として生きること)の根源、アートというものの本質に触れ、心が震える思いでした。

山本氏が収容所で息を引きとる前に、家族にあてた遺書を仲間に託す。
しかし、帰国時に文字の一字も持って帰ることは許されない。
そこで、長い4通の遺書を命がけで皆が記憶して持ち帰るという驚くべき深い友情、あるいは人間としての仁義。あるいは、、、人びとが感じていたのは、ミッションなのではないか。

極限状況の中で、こんなに立派に生きた人がいるということ。いや、人たち。
どうしてこんなに泣けるのでしょうか、自分は何に感動して泣いているのか、そのことをとても知りたくなりました。
シベリアの途方もない異国の極地で、いつ帰れるか、いや果たして帰れるのか、もうそのことだけでも泣けてしまいます。
明治時代のハワイ移民を描いた映画「ピクチャーブライド」で、工藤夕貴がハワイの浜辺にたたずみ、果てしない海を黙って見ている場面で、止めどもなく涙がこぼれた、そのことに共通することかもしれません。

ぜひみんなにお薦めするノンフィクションです。
[PR]

by keiorihara | 2014-01-06 16:41 | Queens | Comments(1)