折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:年次改革要望書 ( 1 ) タグの人気記事


2014年 01月 23日

都知事選のこと、再び

a0215638_1135979.jpg
Sunnyside, Queens


前回、都知事選挙のことを書いたあと、こんな遠くにいてこんなことを書くのはもうやめようと思ったのですが、やっぱり考えるのがやめられず、ついには、わたしたちは小泉純一郎に騙されているのではないかという気分になって来たのです。

わたしははっきり覚えています。
2001年、小泉純一郎が首相になって初めての訪米でブッシュに会いにいくときのTV映像です。私が見たのはニュースというよりトピック、あるいは首相に関する小ストーリーだったと思います。
政府専用機に乗りこみながらドアのところでカメラを向けた記者にふり向いて、(多分顔見知りの親しい記者だったに違いありません)こう言ったのです。
「大丈夫、日本はアメリカの言う通りにしていれば間違いないんだ。アメリカの言う通りにすればいいんです。間違いありませんよ。じゃあ、行ってきます」
こう乗り込みながら答え、最後の言葉は着席する寸前だったと思います。
私はとっさの発言とはいえ、これはひどい、一国の首相が国民に向けてそんな、子供のような発言をしてもいいのか、いや、発言の善し悪しの問題ではなく、この人のオツムの中はきっとこれがすべてなのだろう、そう思わせられるほどはっきりとした、はしゃいだ声だったのです。

そのときから始まった日米年次改革要望書。それ以来アメリカから要望書が来るたびに、小泉首相はアメリカの要望通りに ”改革” しつづけ、郵政民営化をはじめとして労働者派遣法、建築基準法改正、法科大学院、裁判員制度、そんな話どこから出てくるの? 何のために? というような、あるいはそれまで国内で規制緩和に向けて問題にしていたわけでもないような、しかしかなり大きな ”改革” を実行してきました。

で、この要望書ですが、ウィキペディアを読むと、アメリカからの大きな要望の数々をムリヤリ、力づくでも受け入れたのに、日本からの要望はこれまで ”ひとつも” 実行されていないのだそうで。(日本からの要望は、駐在員の運転免許証のとり方の不都合を改善してほしいとか、そういう些細なことばかりなのですが)
しかも、日本からの要望は日本語で堂々と外務省の公報に載せるのに、アメリカからの要望はアメリカ大使館のサイトに英語で載るのみでした。
「郵政民営化をはじめとする構造改革の真相を国民が知ることとなったら暴動が起きかねないので、マスコミ対策は用意周到になされていた」と、関岡英之らの意見として、ウィキペディア[年次改革要望書]に書かれています。
TVはおろか大新聞も要望書を掲載するどころかまともに報道さえして来ませんでした。(ちなみに要望書の交換は鳩山内閣時代に廃止に)
手にしたアンチョコ(死語?)を隠したがるずる賢い生徒のように、こそこそと、しかしそのとおりに答案を書いて来たのが小泉純一郎という人、そのことを忘れてはいけないと思います。
ブッシュ親分の言うとおり、すぐさまテロ対策特措法を成立させ、イラク特措法、有事関連七法案とつぎつぎと日本を軍事の仲間入りさせて来たことを忘れてはいけないのです。

とすると、”脱原発”もアメリカさんの言うとおり、のことなのかもしれません。
いまアメリカではシェールガスが注目され、新しい採掘法や輸送法などの開発が進み、近い将来はアメリカはシェールガスの輸出国になるらしいのですが、そうなると真っ先に日本に輸出されるにきまっています。
もしかしたら、小泉はその利権にすでに関係しているのかもしれません。
アメリカは、原発など再稼働してもらうより、その後の処理のほうに興味をもっているかもしれません。
使用済み燃料棒を取り出す技術、たとえばもう日本のロボット技術はアメリカに買われてしまっているのです。(廃炉処理に対しては、国際協力を求めないと、とても処理できることではないと思っていますが。)
そして使用済み燃料棒の行き場は日本にはない。もしかして、そこから生まれるウランやプルトニウムという核兵器の材料を手に入れるためにアメリカがもらってあげようと、小泉氏と密談しているのかもしれません。

だいたい保守本流の自民党の総裁が、「改革」なんて言うこと事態、うさんくさいと思いましたよね。
そして、福島原発事故後の省庁のふるまいを見ればわかるように、改革しなければならないものは、何一つ改革なんてしていないのです。
でも私たちは、彼の”脱原発”を信じました。

しかしそうなると、細川護煕って、何者? ということです。
もしかしたら、やくざ小泉の得意な、刺客?
親分(小泉)に歯向かった子分(安倍)にたいする報復の?

細川氏のことを云々しているのではありません。
人気役者、小泉純一郎のおかげで当選しても、この人とはあまり親しくしてほしくない、ましてややくざ関係などしてほしくないと思うのですが。



a0215638_1145228.jpg
Sunnyside, Queens
[PR]

by keiorihara | 2014-01-23 04:57 | 日本とアメリカ | Trackback | Comments(6)