タグ:村上春樹 ( 1 ) タグの人気記事


2011年 11月 11日

ニューヨークシティマラソン New York City Marathon

a0215638_13251746.jpg
自転車のペダルを手で漕いでいる格好。ハンドサイクルという。


ニューヨークマラソンを見たいと思った。
「明日はニューヨークシティマラソン、46000人のランナーよ」 と友達に聞いた瞬間、見たい! と思った。
村上春樹のエッセイのせいだったかもしれない

ずいぶん昔の話だけど、マラソンランナーの心の内側を切々と語ってくれたのはバルセロナとアトランタオリンピックのメダリスト有森裕子で、スポーツ雑誌の「ナンバー」で彼女へのインタビューを読んだ。
個人競技者(挑戦者といったほうがいいかもしれない)というものは、こんなに切実なものかと驚き、彼女の軽くない心の持ちようが切なく、とても記憶に残った。

そのことを最近、村上春樹のエッセイを読んでいて思い出していたのだ。
(クイーンズの図書館本館には日本語の本もあるというのでチェックしたら、村上春樹の最新のエッセイ集『雑文集』があったので、歩いて3分の図書館に取り寄せた)
彼がニューヨークマラソンを走ったときのことが書いてあった。
そして、マラソンの”魔力”について、あの有森裕子が語ったのはこんなことだったのだな、と思わせる文章があった。
フルマラソンを走り終えると、どんなに数字的にいい結果がでても、42キロの間にはいろんなドラマがあって、なにかしらの悔いが残るもので、その悔いをはらすためにまた挑戦せずにはいられないのだ、と。

ニューヨーシティマラソンに戻そう。
写真を撮るならクイーンズを走るとときにしよう。クイーンズの風景を背景に、と。
うちから三つ目の地下鉄駅からコースの道に行ける。ブルックリンを走り抜けて中間を少し超したくらいの地点。

Queensboro Plaza クイーンズボロプラザ駅をおりて、すぐ目の前に飛び込んできたのは車椅子自転車。私は、この初めて見るハンドサイクルの先頭、または大勢をミスったのだ。

a0215638_1432046.jpg


あとでニュースで読んだのだけど、車椅子の部では、1位と3位を日本人が獲得していた!
これはゼッケンに国名も入れないし、まったくの個人競技。
なのに、日本人が入賞と聞くとやっぱり嬉しいものですね。(来年は車椅子の部のゴールを見に行こう。)

参加だって、その日の出発9時前に申請すればいい、という自由さ。
参加者は事前の発表は46000人で、結果は47000人だったのは、1000人はその日の朝に登録した人(参加費を払った)ということですね。

a0215638_14194369.jpg

向こうから女子の第一走者が見えてくる。
この人は 結果3位になったケニアのMary Keitany。

a0215638_14355120.jpg

右から2位になったBuzunesh Deba。 この人はニューヨーク在住だけどエチオピア国籍。
次は6位か7位のケニアのキャロライン。
そしてその向こうに優勝したエチオピアのFirehiwot Dado。 2位との差はわずか4秒。
左は13位になったエチオピアのWerknesh

a0215638_1324364.jpg

飛んでいます。このひとはケニアのもうひとりのキャロライン。ふたりは6位と7位だったのです。

a0215638_13252976.jpg

そこにトボトボと、と見えますが、力の限り走っています。東洋人っぽく見えますがわかりません。

a0215638_13285889.jpg

すごくいいのは、あちこちに音楽サポートしているバンド。声援が少ないところでも、活気づきます。
このバンドは高校生たちのよう。

a0215638_1350109.jpg

ボランティアの数に気を取られていて、向こうに見えているのは男子の先頭ではありませんか。

a0215638_13595093.jpg

こんなキツい顔をしているのに、、、この人はゴールまで風船を持っているのでしょうか

a0215638_1421858.jpg

走者をずっと見ていて、年配の人の数の多さに驚きました。42キロ走るって、、、現場で見て、改めて感動。ニューヨークマラソンは、登ったり下りたり大変らしいです。ここも少し上り坂。80歳の日本人男性イチローさんが完走したそうで、頭が下がります。

a0215638_14153360.jpg

村上春樹は走っていないだろうか、と思ったけど、人が多すぎて見つけるのは絶対無理。こんな子がいたけど。

a0215638_1422118.jpg

過去に”ミスUSA”だったらしい人。やはり、どんなときも勝ち誇った顔をしているんですね。

a0215638_14262048.jpg

バンド名入りの大きなバンボディのトラックが後ろに止まっていて、かなりプロっぽいバンドです。

a0215638_14333948.jpg

ここから、クイーンズボロ•ブリッジを渡り、マンハッタンからブロンクス、そしてマンハッタンに戻り、最後はセントラルパークを走りゴール。4つの区を全部走るのです。

来年はセントラルパークに行こう!
生まれて初めてマラソンの現場を見た私でした。
[PR]

by keiorihara | 2011-11-11 15:34 | New York | Comments(2)