折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:軍隊 ( 1 ) タグの人気記事


2012年 12月 31日

日本のイジメ体質

a0215638_21183218.jpg
 Romanian Garden, Restaurant in Sunnyside ルーマニアン レストランの猫


日本に帰ると、かならずイジメの話を聞く。テレビのニュースで、子どもが死に、学校が隠し、教育委員会がごまかし、警察が捜査しない、そんないきさつを、大人も子どもも毎日見せつけられている。
アメリカで知り合ったアメリカ人の友達が、日本に住んで、英語教師として入った日本の会社でひどいイジメにあった話。
禅の修行をして得度をしたアメリカ人の坊さんが、日本の禅寺でイジメと差別の毎日を送った話。

日本の集団社会というのは、軍隊なのだとつくづく思う。
小学校で 「前ニィ ナラエ!」 「ヤスメ!」 という、あの軍隊式の号令をいまだに教師がやっていると聞いて、あぜんとする。
上司が自分の鬱憤を弱いものに向ける。日本の軍隊がリンチを日常茶飯としていたのと同じ構図。
それがシステムになっているのが省庁だ。

省どうしの、部課どうしの競争と差別そして敵対。どこの課は花形だの、日陰者だの、突撃隊だの敗残兵だの、文部相時代どのように振る舞って来たかを書いた寺脇研著『官僚批判』(このタイトルは完全に詐欺で、正しくは官僚自賛。はい、無知な私は、クイーンズ図書館日本語コーナーで見つけて、だまされて読みました)を読んで、本当にうんざりした。
国家公務員はキャリアとノンキャリアに別れるけれど、寺脇研のような人はキャリア官僚と呼び、それは、専門知識など何もなく経験もない人間が、学歴とエリート意識だけで出世の道を歩む職業だ、というのがこの本を読むとわかる。
彼がラサール中高から東大を出た、ということをいかに後生大事にしているかということが、この本を読めばわかり、この人は「ゆとり教育」の提唱者だかで有名になったらしいが、子どものこと、教育のことなんか何も考えていないことも、この本を読めばよくわかる。
この人は、映画評論家として知られているらしいけれど、事務次官どころか局長にもなれなかった自分を、異端児だったから、と言って弁明せずにはおれないほど、うぬぼれと出世欲のつよい人で、なんだか、ゆとり教育も、大きな改革で出世の機会を作りたかっただけのような気がして、こんなやつのために、一般の若者たちが精神を骨抜きにされたようで、本当に怒りを覚えた。
ゆとり教育というのは、体のいい、格差教育なのだったと思う。ゆとりは非エリートのもの。彼にとって、ラサール、東大は絶対に価値を落としてはいけないものであるはずだ。

一番問題なのは、自分のエリート意識を全然自覚していないこと。
官僚批判、なんてリベラルのスタイルをとっているつもりが、じつはこの出世街道をのぼっていくシステムが、子どものころから勉強という競争をやって来た人間にとって、身に付いたやめられない競争システムであって、そこで登り詰めるはずだったのが上れなかった、つまり大好きな官僚制度なのに、裏切られてプライドが傷ついた、だから本を書いて、自分が異端だったから官僚を辞めたんだ、という弁解をしている。そのことに無自覚であること。

「霞ヶ関を占拠せよ」と私が言ってしまうのは、こういう学閥エリートのキャリアがになう省庁組織のあり方に、日本という国社会をいじめ体質にしている、その一端があると思うからだ。


a0215638_2533952.jpg
NY Lotto man in Sunnyside 宝くじのおじさん
[PR]

by keiorihara | 2012-12-31 03:24 | Queens | Trackback | Comments(0)