折原恵のニューヨーク写真日記 - New York Photo Diary by Kei Orihara

keiorihara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:軍需産業 ( 3 ) タグの人気記事


2015年 01月 26日

日本の対テロ戦争

a0215638_1653771.jpg
Green Point, Brooklyn


<不自由な日本語>、なんて脳天気なことを書いているあいだに、シリアではISIS(アイシス、イスラム国)によって日本人二人が拘束され、ウェブ上で安倍首相を名指して身代金要求(さもなくば殺害の予告)をする動画が配信されて日々落ち着かなかった。
最初のニュースでは二人の経歴や人柄などが紹介され、その時点で何か臭うぞと思ったが、そのうち一人が殺害され、もう身代金はいらない、ヨルダンで捕まっている同志を解放せよ、という要求に変わった。
そんなわけでニュースを追っていながらそのことに触れず(いつもはその態度だけれども)、日本語の話だけを書くのもつまらないので、このテーマはときどき飛ばしてもいいことにしようと思った。

ところでウィキペディアの経過報告を読んだだけでも、安倍首相が人質(湯川榛名氏)を救出するために去年の8月からまったく何もしなかった、そして今も何もしていない、ということがよくわかる。
なにもしないどころか、イスラエルを訪問、テロと戦う日本を宣伝し、イスラム国対策に2億ドルを約束し、エジプト、ヨルダンやパレスチナ自治政府にもおもむき、お手柔らかにと金をばらまき、恐ろしくISISを刺激して歩いている。
しかし、後藤健二というジャーナリストは、湯川榛名を助けに行くという名目で無謀にもイスラム国の領域に入っていったのだが、じつはNHKのための取材だったようだ。
NHKは今では安倍政権下の御用報道機関である。(といって、組織の問題と、ニュースに関してのみ言っているのだが)

20日の身代金要求の動画が配信されたあと、わたしはニューヨークの日本領事館からメールを受け取った。
領事館に在留届を出しているすべての日本人に送る緊急警報メールだ。
「(前後省略)、、今回の事案が発生したことにより、日本人がテロ・誘拐等のターゲットになり得ることが改めて明らかになりました。」
パリの出版社の襲撃事件のあと、フランス政府が「テロとの戦争宣言」をしたのとよく似たノリである。

安倍晋三は、日本人も対テロ戦争に知らん顔をしていては済まされない空気を国民にたいしてあおる必要がある。
これで日本も晴れてアメリカの主導する世界的な対テロ戦争に参加できる。
アメリカのプレッシャーで、中東に出向き、なんだかわからないが、日本も対テロ戦争の仲間なんだよと顔見世をして歩き、すでに11月には、後藤氏の家族に身代金要求のイスラム国からのメールが再三届いていたのにもかかわらず、極秘にさせて何もせず、中東行脚をしたのだ。
中田考氏や常岡浩介氏といった、イスラム教徒でその道の専門家、イスラム国にも通じているタフガイたちが、人質救出の手助けを申し出ているにもかかわらず、無視をしているのは、人命よりもだいじなことの推進のために、救助など何もしたくないからにちがいない。

ISISはそんな安倍の動向をちゃんと見ていて、アメリカの傀儡安倍政権の望むように事を運んでいるように見える。
アルカイダもイスラム国も、アメリカが対テロ戦争を遂行するためにCIAが工作して推進しているプロジェクトである。わたしはそう信じている。
アメリカの軍需産業は、イスラエルと結びつき、NATOをリードし、われわれ日本人には考えられないくらい巨大な産業体である。
アメリカ国民の税金の20%が、これらの産業の資本家や投資家(いちばんはイスラエルを支持するユダヤ金融資本)の懐に行くのである。
手を変え品を変え、敵を作りつづけなければならないのだ。
[PR]

by keiorihara | 2015-01-26 17:10 | 日本とアメリカ | Comments(3)
2014年 07月 01日

7番線でFlushingへ

a0215638_10514782.jpg
本物の中華料理を食べたい日は、クイーンズの奥、地下鉄7番線の終点フラッシングに行きます。
で、電車に乗ろうとしたら、こんなひどいデザインの広告が。
調べてみたら、1989年から10年間つづいた超人気のTVコメディ番組で、今またその再放送をやっているようです。
でも、こんなに窓の少ない車両があったかと、初めて気がつきました。
フラッシングに着くまでときどき立ち上がって、ドアのボロいガラスを通して撮った風景をお楽しみください。


a0215638_1052817.jpg
ロングアイランド鉄道が下を走っています。クイーンズの先の郊外住宅地に勤め人を運ぶ鉄道です。急行しかありません。もちろん運賃は高いです。
それにしても鉄路まわりが汚い。だから、窓が首から上にしかないのか。。。この電車の席に座っていると下が全然見えないのです。


a0215638_10522269.jpg
こういうすさまじい大きさの十字架に、美学など考えたこともないという感じの建物の教会は、たいていコリアン系の教会です。コリアンの教会に関しては書くことがありすぎて(びっくりすること、面白いこと)とても書けないので、またの機会に。



a0215638_10523778.jpg
クイーンズのグラフィティは技術、センス、内容、すべて程度がおちるんです。それだけにこれこそ本物の落書き、なのかもしれません。
こんな風景がえんえん続きます。


a0215638_10543580.jpg
ニューヨーク市民の一番人気のチームはもちろんNYヤンキーズです。サウスブロンクスにあるヤンキースタジアムに対して、ここに見えるのはNYメッツのシティフィールドです。
とにかくメッツは弱い。それだけにクイーンズのメッツファンは熱烈です。それと、巨人嫌いの東京人のように、一癖あるようなひとがメッツファンです。
しかし、この美しい建物のはずの野球場の周辺はすごいですね。自動車の修理や解体業の店というか工場がぎっしり集まっているのです。
こんな風景見たくないって?  でもこれが私の日常目にしている世界です。
はい、次回はフラッシングに到着です。

イヤー、のんきなことを書いていますが、こちらは一日遅れてニュースを知ることになるのですが、集団的自衛権行使容認が議事堂の地下の一室で閣議決定とか。
日本もアメリカのような軍事国家になりたがっているのでしょうか。
アメリカの巨大軍需産業は、武器をつくり、売り、使い、またつくり、ぼろ儲けの商売です。なんといっても資本金が税金(国家予算の20%!)だし、各会社が1種類ずつ戦闘機やミサイルや弾丸を受けもってつくるのですから、競争もない世界です。クライアントはコンスタントに戦争をつくってくれるし、政治家や戦争支持の資本家たちが株主だし、オバマ大統領もブッシュに負けず劣らずの軍需産業推進者です。

アメリカのやる戦争に日本軍が参加となれば、武器、しかも最新兵器をアメリカから売りつけられるでしょう。日本も軍需産業に精を出し、いま問題になっている武器輸出解禁の法律をとおして、アジアじゅうに武器を売るでしょう。アメリカはイラク、アフガン戦争で100万人の負傷者を出し、戦死者を上まわる自殺者を出し、30万人のPTSDに苦しむ帰還兵問題に頭を悩ませています。
日本が代わりに兵隊を出してくれれば言うことなしです。とにかくアメリカは作った武器を消費したいけれど、兵士や兵士の未来に対する補償費を増やしたくはないのです。
これから27万人の自衛隊員は、命の危険にさらされることからのがれることはできないのです。

それより、そんなことやっている場合じゃないでしょう、日本は。そんなことにお金を使わないで、福島第一原発原子炉の燃料棒取り出しに、なぜロボットを使わないのか、それにふさわしいロボット開発の研究に予算を投じてほしいと思うのですが。
[PR]

by keiorihara | 2014-07-01 10:55 | Queens | Comments(6)
2013年 12月 27日

雪の夜   Snow In Sunnyside

a0215638_17192860.jpg



a0215638_17201397.jpg



a0215638_17211715.jpg


前回、アメリカのトップ1%の金持ちが99%を云々、、、と書きましたが、現実的にはその1%の中味は、ほとんどトップ0.1%ないしは0.01%がコントロールしていると言っても良いそうです。0.01%と言っても、3万人くらいいるわけですから。
この人たちは、大企業のトップの肩書きなんかを持っている人もいるでしょうけど、実際経営などに関わっているのではなく、株の配当を受け、新たな投資や、そして社会貢献などを、政治家との関係の上でやっている。彼らの投資は絶対に儲かる仕組みになっているわけです。
もちろん、かなり頭脳明晰で冷徹で悪賢くなければ勤まらないと思いますが。

こういう人たちは自分たちが儲けるために、今度はどこの国に戦争をしかけるか、あるいはどこを引っ掻き回して戦争をさせるか、そして武器を売り、経済コントロールをするか、そういうことにも関わっているわけです。
共和党が保守で、民主党が革新というのは、表面的なスタイルだけであって、追求していることはまったく同じ。お笑いコンビのボケとツッコミみたいなものでしょうか。
自分たちの富と力、それを発揮できる最高の地位を得て、ゲームをしている人たち、それがアメリカの資本家と政治家だと思います。

アメリカの格差というのは、グローバル経済によるマルチナショナルコーポレーション(多国籍企業)が、各国の事情なんかを無視してぼろ儲けをしていることからきています。
軍需産業、石油産業、保険、医療、などは、完全に政治を動かしているし、というか、政治家自身がそれら大コーポレーションのトップ、つまり資本家である場合が多く、自分たちの階層がより豊かになるため、そして、より権力を行使できるために政治をしているわけで、失業率なんかにほとんど興味はないし、どんなに格差がついても、それはよりアメリカが自由の競争を果たせている証拠であるので、めでたいことだと本心では思っているはずです。
アメリカの議会で、ブッシュがアフガニスタンと戦争だー! と叫んだ時、それに反対した議員はたった一人だったのです。
一人ですよ!?
上院や下院の政治家になるのに、どれだけお金が必要か、どれだけ階層が限られているか、これがアメリカの民主主義と自由の結果なのです。

それより今、日本に起きていることのほうが気がかりです。
沖縄に長く関わっている友人からこんなチラシが送られてきました。
米軍の新型輸送機「オスプレイ」の強硬配備に対してたたかう高江の住民を負ったドキュメンタリー映画『標的の村』
予告編を見て、オスプレイについて調べると、どうやらオスプレイというのは、沖縄基地だけの問題ではなさそうなのですね。
そしてオスプレイについて驚くべくこんな記事を見つけました。日本のテレビニュースなどでも伝えられていることでしょうか?
1機100億! を日本中の自衛隊に配置させて、、、着々と日本の再軍備が進むのでしょうか? 
こんなことも、アメリカの軍需産業を儲けさせ、それに投機している金持ちたちが天井知らずの金持ちになって行く一部分なわけです。
(ハフィントンポストという、ハフィントンさんという女性が発行しているアメリカの新聞の日本版です。)
[PR]

by keiorihara | 2013-12-27 10:09 | USA | Comments(1)